休日の料理

5月28日雨

61610440_1478354432304366_6419752153509789696_n.jpg昨日の休み日に大好物の“韮菜盒”(ニラ焼き饅頭)を作りました揺れるハート61023044_1478354502304359_6082301417786179584_n.jpg

それともやしのナムルときゅうり、卵、パクチーのスープでするんるん

“韮菜盒”の中身がニラ、豚肉ミンチ、卵ですexclamation

五つ食べてしまいましてお腹がいっぱいになりましたわーい(嬉しい顔)

ニラには「豊富な栄養」や「美容効果」がある事をご存知でしょうか?

以下は、健康食材「ニラ」に含まれる栄養や効果についてご紹介します。


βカロテン

ニラに含まれるβカロテンは、緑黄色野菜であるほうれん草よりも多いです。「がんの予防」や「動脈硬化の予防」「アンチエイジング」にも効果が期待出来ます。

 
※βカロテンは体内で必要分な分だけビタミンAに変換して、「風邪の予防・髪の毛の健康維持・粘膜の健康維持」等の働きをしてくれます。

◆ビタミンK

 ビタミンKには血液を固める働きがあります。怪我で出血した時等、血を固めて止血を促す効果があります。また、骨を丈夫にするサポートをする働きがあるため、骨粗鬆症等の予防にも効果があるとされています。

葉酸

 ニラには葉酸が豊富に含まれています。葉酸は、胎児の成長に不可欠とされていますので妊活・妊娠中の女性は特に意識して多く摂取しなければならないと言われています。
 
◎摂取量の目安
 -成人女性 240μg
 -妊娠中の女性 480μg

カリウム

 カリウムには、体内の「塩分濃度の調整」をしてくれるので「むくみを抑える」効果があります。また、血圧上昇の抑制をしてくれるので、高血圧の予防にも効果的です。


アリシン
 ニラの強いニオイ成分はアリシンによるものです。ですが、疲労回復にとても効果があるので、スタミナ食材と言われています。

食物繊維

 ニラに含まれる食物繊維は、腸の中にある水分を摂取して膨らみ、便の流れを促す効果があると言われる「不溶性食物繊維」が多く含まれています。便秘で困っているという方は、ニラを食べるだけでお通じが良くなるかもしれません。

 

また、ニラは美容の効果もあるといわれてます。

韮にはたくさんのビタミンA(レチノール)、ビタミンEビタミンK含まれる。


ビタミンAは「シミやそばかすを薄くする」「ニキビが出来るのを防ぐ」「肌に潤いを与える」「透明感やハリを与える」という効果が期待出来る。

ビタミンEは、ホルモンの分泌を整える効果があります。また抗酸化作用があるので、身体が老化するのを防いでくれます。

ビタミンKはビタミンKは血液をサラサラにする効果があります。血行不良は顔色が悪くなったり、目の下にクマが出来たりする原因となります。血管の修復効果もあるので、血行促進や目の下の クマ対策にも有効な成分です。

 

ニラはとても体にいい野菜ですので、ぜひよく食べてくださいねexclamation