帯状疱疹後神経痛と中国鍼灸/はり/東洋医学

イラスト(先生).JPG

当院では大勢の帯状疱疹痛や帯状疱疹後神経痛の方が通っています。皆が良い効果が得られています。帯状疱疹痛や帯状疱疹後神経痛対して鍼灸治療はとても有効的な治療法の一つです。とくに帯状疱疹になったばかりの痛みに対して、当院の鍼治療の有効率が、95%以上です。痛みが緩和されたり、完治するには自信があります。

日本人の6人のうち1人が、一生の間に一度はかかるといわれている帯状疱疹(たいじょうほうしん)は胸や腰などの神経痛が1週間ほど続き、その後痛みのあった神経にそって水ぶくれや赤い発疹が帯状にできる病気。その原因は水ほうそうと同じウイルス。就職のストレスが増える20と、免疫力が低下し始める50で発症する人が多い。帯状疱疹自体はほぼ確実に治る病気なのですが、後遺症の帯状疱疹後神経痛として何年、時には一生、痛みが残る事があります。これが帯状疱疹のやっかいなところなのです。そうならないためには早期治療が一番大切です。

 

帯状疱疹と帯状疱疹後神経痛とは? 

帯状疱疹は、身体に潜んでいたヘルペスウイルスの一種、水痘・帯状疱疹ウイルスによっておこります。水ぽうそうにかかった事のある人なら、誰でも帯状疱疹になる可能性があります。

加齢やストレス、過労などが引き金となってウイルスに対する抵抗力が低下すると、潜んでいたウイルスが再び活動を始め、神経を伝わって皮膚に到達し、帯状疱疹として発症します。帯状疱疹にかかると痛みと小さな水ぶくれが現れます。皮膚の症状や痛みは普通そのうちに治りますが、皮膚の症状が消えた後にも痛みが残る場合があります。これを帯状疱疹後神経痛といいます。

 

帯状疱疹の症状    

帯状疱疹.jpg2・3日間発熱・頭痛・体のだるさなどがあり、それにともない、神経痛のようなピリピリと刺すような痛みがまず現れます。大体、1週間後、赤い発疹(ほっしん)が線または帯状に広がっていきます。線または帯状に広がるのは、神経の通り道に沿って広がるからです。
主な発症部位

○一般に、身体の左右どちらか一方の神経に沿って帯状に現れるのが特徴です。

○胸から背中にかけて最も多く見られ、全体の半数以上が上半身に発症します。

そのつぎに顔、特に眼の周囲も発症しやすい部位です。

帯状疱疹は全身に出る可能性がありますが、頭部に出たときは要注意です。

 

痛みの原因と特徴  

りん.jpg帯状疱疹の痛み(急性期)、皮膚症状が現れるのと前後して現れてきます。

ズキン、ズキン痛み、夜も眠れないほど強い痛みがある。これは、ウイルスにより皮膚の炎症や神経の炎症が起こり、神経が刺激されるためです。

通常、皮膚症状が治ると痛みも消えますが、その後もピリピリするような痛みが持続する事があります。これを帯状疱疹後神経痛と言います。この痛みは、急性期の炎症によって神経に強い損傷が生じたことによっておこります。

発疹が現れている時のものとは違って、ピリピリしたりするような痛みで、衣服がすれるだけで痛みを起こすことがあります。しかし一方で、夜間はよく眠れたり、何かに集中していると痛みを感じなかったりするという特徴があります。

合併症

一般的な合併症として、発熱や頭痛が見られる事があります。また、顔面の帯状疱疹では、角膜炎や結膜炎などが起こす事があります。その合併症として、まれに耳鳴りや難聴、顔面神経麻痺などが生じる事があります。

 

帯状疱疹神経痛の西洋医学の治療

治療の基本は内服の抗ヘルペスウイルス薬や消炎鎮痛薬。

また、神経プロックの治療も行なう事もある。


帯状疱疹神経痛や帯状疱疹後神経痛の中国鍼灸治療

 鍼灸治療はあらゆるな痛みに鎮痛効果があります。そのメーカリズムが既に科学的に証明されている。針を刺す時の鍼の響きは脳内のモルヒネを生み出す原動力です。脳内の下垂体で作られるエンドルフィンは、鍼の刺激によって生み出され、全身をめぐって痛みを和らげ、精神を安定させる働きがあります。その鍼灸の鎮痛作用を生かして帯状疱疹の神経痛の痛み和らげたり完治したりすることができます。 帯状疱疹の神経痛は、症状や程度が患者さんによって違うため、それぞれの患者さんに合った治療法が選択して、組み合せするのは大切です

また、急性期症状を早期に改善、後遺症である帯状疱疹後神経痛のリスクを軽減や合併症のリスクを軽減に早期の鍼灸治療がとても有効です。帯状疱疹になったらすぐ、経験のある先生の鍼治療を受けるのをお勧めです。また、帯状疱疹後神経痛になっても、少し時間がかかりますが、完治もできますが、根気よく治療を続ける必要があります。

 

帯状疱疹後神経痛の養生法

 入浴

入浴で体が温まり血液の循環がよくなると痛みがやわらぎます。他の病気で入浴の制限がなければ、入浴回数を増やしたり、温泉へ出かけるのもよいでしょう。

 保温 

「寒さ」や「冷たさ」が痛みを増強させることがよくあります。冬には保温し、夏には冷房の冷たい風に直接あたらない、外出時には必ずはおれる衣服を一枚は持って行く、などの工夫をするようにしましょう。

患部の刺激を避ける

 痛みに過敏になっている場合には、衣服がすれただけでも痛みが増すことがあります。サラシや包帯を巻いた後に、衣服を着るなどの工夫をするとよいでしょう。

 ストレス・疲労を避ける

ストレスや疲労が痛みを増す原因となることもあります。睡眠を十分にとって、リラックスして過ごすよう心がけましょう。            

 

           帯状疱疹治療症例  

 

       頭痛と鍼灸治療   頭痛と養生法

       |腰痛と鍼灸治療   三叉神経痛と鍼灸治療    

       |生理痛と鍼灸治療  坐骨神経痛と鍼灸治療

       肋間神経痛と鍼灸治療             上に戻る

 

           ↓ ご予約はこちら ↓

          電話TEL 06-6344-3736

        (なるべくお電話にてご予約ください)

         ご予約フォームはこちらをクリック

    (ご予約フォームからのご予約は3日前までにお願いします)

           祝日も診療しております。