耳鳴・難聴と中国鍼灸/はり/東洋医学

イラスト(先生).JPG当院の耳鳴・難聴の鍼灸治療

当鍼灸院では大勢の耳鳴・難聴の方が通っております。難聴や耳鳴り・耳閉感に対して、院長が長期間の臨床経験と研究で生みだした体の針眼針治療法を行って効果が上がっている。耳鳴・難聴は発症したころは病院の治療を中心に行われます。病院では「これ以上聴力は回復しません」と言われた方、また、耳鳴りや耳閉感が残っている場合など、当院の鍼灸治療で改善に向う例が多数です。諦めずに鍼灸治療することをお勧めいたします。

 

耳鳴・難聴とは

 耳鳴と難聴は聴覚に異常が起きる病気です。耳鳴りとは外界に音がないのにある種の音が聞こえるように感じるものを言う。自覚的耳鳴りとして内耳障害性耳鳴りと、伝音性耳鳴り、後迷路性耳鳴りがあります。耳鳴り症状のほとんどは難聴やめまいを伴います。難聴には外耳や中耳の病変で起きる伝音性難聴と、内耳や聴神経、中枢神経の病変で起きる感音性難聴があります。また両方が障害される混合性難聴やヒステリーなどで起きる心因性難聴も有ります。

 

耳鳴・難聴の原因とは

.感音性耳鳴りです。内耳、聴神経、聴覚中枢(脳幹、大脳皮質)に障害があるものをいう。

.全身的疾患です。低血圧や高血圧など循環器系の病気や血液、リンパ系動脈硬化や糖尿病さらに脳神経系の疾患に伴って耳鳴りがあらわれることがある。
3.ストレスです。心身のストレスによって耳鳴りが起こったり、増強して感じられることがある。

 耳鳴・難聴の症状

 耳鳴の症状

自覚的な聴力の低下はなく、耳鳴りを訴え、耳鳴りの自覚てきな表現はキーン、ジーンが多いです。首、肩こり、後頭部の重圧感を伴うことが多く、疲労、睡眠不足、精神的興奮により耳鳴りが悪化し、睡眠、安静により改善することが多いです。

難聴の症状

@突発性難聴突然で急激な高度の難聴で始まる。閉塞感と耳鳴り時に眩暈があり、通常は一側性。
Aメニエール めまい、耳鳴り、難聴を主訴とします、通常は一側性。
B老人性難聴 年寄りの方がみられます、両側性の難聴。

C騒音性難聴 長時間騒音にさらされた時など。ヘッドホン難聴など。

 

耳鳴・難聴の西洋医学的な治療法

 安静と内耳の循環完全を目的とする。安静は身体だけでなく、心の安静と音に対する安静が必要である。薬は抗ウイルス、安定剤、ステロイドなどを投与する。   

                                                    上に戻る


耳鳴・難聴の中医学(東洋医学)の考え

 中医学では難聴を「耳聾」ともいいます。中国古典の本の中、“脳鳴”、“苦鳴”、“蝉鳴”、“耳虚鳴”などの病名記載がある。 原因では中医学的には激しい怒りや恐れといった感情や、病気などで著しく体力を消耗したなどの原因で肝火または腎虚になった時、耳鳴りが起こると考えられています。 肝・胆経は耳に纏い、腎は耳に開竅し、また清竅の機能は脾の昇清・降濁機能により維持される、したがって、肝胆、脾、腎の機能異常が本病症の重要な病因病機であると考えられています。 肝、胆の気は上逆し、耳きょうを覆うことによって起されるのは実証であり、腎気の虚弱、経気の上達ができないことによって起こされるのは虚証である。

 

耳鳴・難聴の症状

主に2つのタイプを分かれます。

 実証

耳の中で絶え間なく鳴き声をし、抑えても軽減しない。難聴は発病が突然であ る(暴聾―突発性難聴)常に頭が重く、鼻つまり、口が苦く、側胸痛などが見られる。

 虚証

 耳鳴は起こったり、絶えたりし、疲労過ぎるとひどくなり、押えると鳴き声が少々 軽減する、難聴は発病が比較的に緩慢である。常に、眩暈、腰痛、倦怠が見られる。

 

耳鳴・難聴の鍼灸治療について

 治療原則:

 実証では、気の閉塞を開くため、少陽経穴を主として、瀉法で刺針する。

 虚証では、肝・腎を補うため、足少陰、厥陰穴を主として、平補平法で刺針し、灸も併用する。

 耳針を加える。

 

耳鳴り・難聴の症例


Oさん 46歳 女性

2019年2月20日 初診

2月7日に左耳急性中耳炎になり切開しました。その後、左耳が詰まる感と耳鳴りになり、検査すると低音難聴もあった。抗生物質を1週間を服用して、通気法で治療したが改善はなかった。

当院で13回の鍼灸治療後、耳なり、詰まり感は完全になくなり、聴力も回復した。

 

yさん 53歳 女性

2019年1月8日 初診

昨年の11月に3回目の右耳低音性難聴になった。1回目、2回目はステロイドで聴力は戻りましたが、今回がなかなか治らない、難聴、耳閉感、耳鳴りがあり、ストレスで眠れない、首肩こり。

当院の1回の鍼灸治療後、聴力はアップし、耳の閉塞感、耳鳴りもなくなった。睡眠もよくなり、首肩こりまた少しある。効果が続けるため、継続治療をしている。

 

Mさん 38歳 男性

2018年12月11日 初診

1週間前、ストレスで突発性難聴を発症した。右耳が殆んど聞こえない、耳鳴り、耳つまり。めまいなし。ステロイド内服、高気圧酸素療法で治療しているが症状は良くならなかった。

当院の10回の鍼灸治療を受けた後、聴力は60%が回復し、耳の閉塞感がなくなった。また少し耳鳴りがあって、聴力ももっと回復するため、当院にしばらく通っている。

 

Oさん 40歳 男性

2018年11月22日 初診

1か月前、少し左耳閉塞感と耳鳴りがあった。(昨年1回突発性難聴になった)耳鼻科で受診してステロイドを服用したが、症状は改善しない。

当院にの5回の鍼灸治療を受けた後、耳の閉塞感と耳鳴りともがなくなり、違和感もない、完治した。

 

Tさん 56歳 男性

2017年6月5日 

初診2週間前、右耳閉塞感、耳鳴りがあり、翌日には聴力が低下に気付き、耳鼻科受診。突発性難聴と診断されて、8日間に入院、ステロイドの点滴をしたが、聴力が少し改善したが、耳鳴り、耳の閉塞感が全然変わらななかった。

当院に来て、1週間で、毎日治療を受け、その後、隔日、週3回のペースで治療後、耳の閉塞感がなくなり、聴力も回復した。耳鳴り少しあったが気にならなくなった。


Nさん 52歳 女性

2016年10月5日 初診

1年半前より右耳の詰まりを感じ耳鼻科受診すると耳管狭窄症と診断され、アレルギーの薬、点鼻薬で治療を続ける、今年の9月上旬より耳鳴り、難聴が悪化し、1週間のステロイドを服用したが、変化なかった。当院に来た時、右耳低音難聴、耳鳴り、耳つまり、めまいなし。

当院の1回の鍼灸治療で、耳詰まり感が大分なくなって、続いて8回の治療後、耳鳴りもなくなり、耳鼻科に検査を受けたら、もう正常に戻ったといわれた。


イさん 47歳 女性

2016年9月30日 初診

9月20日の朝、左耳閉塞感があり、翌日には二重に響くようになったので、耳鼻科受診。突発性低音難聴と診断され、五日間のステロイドの点滴したが、改善しません。耳鳴り、めまいは無く、耳閉感と音が二重に聞こえ、自分の声がひびく。ステロイドーのせいか、眠りが浅くなってきた。

当院に来て、1週間で、毎日治療を受け、その後、隔日、週3回のペースで3週間の治療を終え、二重聞こえがなくなり、耳鼻科受診したら、聴力が同じになった。左耳の閉塞感が少しあるぐらいで、続いての鍼の治療になった。


イさん 女性 45歳

2016年4月11日 初診

左目だけ二重になる、目が重い感じがする、左肩こり、頭痛、コンタクトレンズが20年使用した。以上の症状で来院した。5ヶ月の鍼灸治療で、症状がほとんどなくなり、喜んでいるところですが、また、別の症状が発症した。自分の声が脳に響き、めまい、左の耳が時につまり、耳鳴り、低音も聞こえづらくなった。耳鼻科での受診をしたら、メニエル病と診断され、利尿剤だけ処方された。2週間を飲み続いたが、効果なし。当院で、週三回、1ヶ月の治療を受け、耳鳴りと詰まり感がなくなり次第、声の響くも無くなり、病院の検査で、低音難聴も回復した。


kさん 23歳 男性 

2016年1月9日 初診

昨年4月から右耳鳴り、難聴になり、病院で騒音性耳鳴り、高音難聴を診断された(自衛官のため、銃の音の騒音だと)。ステロイドを1週間で服用したが、症状がよくなったが、その後また、症状が出てきて、悪化しそうなので不安で、当院の治療にきた。

週2回のペーズで、2ヶ月の治療を受けたら、病院の検査で、聴力を上がってきました、耳鳴りもかなり軽減した。


Hさん 76歳 男性 

何年前から両方の耳なり、難聴があり、日常生活にも影響があった。1回の鍼治療後、耳鳴りが元々の3/1まで減って、聴力も少し上がった。5回の治療で携帯での通話も通常にでき、耳鳴りにもあんまり気になくなった。


k さん 50歳 女性 

2014年12月10日発症した、突発性難聴で来院。高音〜低音まで聴力の低下、閉塞感、音割れがあった。数回の治療で閉塞感はなくなり、10回の治療で耳鳴りは小さくなり音割れもなくなった。現在、半年程通院し、中〜高音の聴力は改善し、耳鳴りも落ち着いている。

 

57歳 女性

2年前突発性難聴になり、病院でのステロイドの点滴などにより、難聴が残ってないが、耳鳴りがずっとひどくて近所の鍼灸院に2週間で毎日鍼灸治療を受けたが全然治らなくて顔にたくさんの鍼をして痛くて、鍼に怖くなり、心身症になった。その後、漢方薬、病ん院からもらった安定剤を2年間ずっと飲み続いたが、良くななりませんでした。ネットで林鍼灸院を見つかり、1回を治療を受けたら、鍼の痛みもそれ程なかった。3回目の治療で、耳鳴りのなり方が少し変わってきて、音も小さくなり、5回を受けたら、耳鳴りに全然気にならなくなりました。持病の腰痛、坐骨神経痛も良くなりました。             

  

Mさん 66歳 男性 

3月発症した突発性難聴で来院。聴力の低下、耳鳴り、閉塞感があった。2回の治療で耳鳴りが小さくなったと改善がみられた。3回目の治療後、病院の検査で聴力が上がっていることがわかる。

7回の治療で聴力は正常に近づき、耳鳴りと閉塞感もまったくなくなった。

 

Nさん 43歳 男性 

5月20日発症 突発性難聴で来院。めまい酷く、ふらつきもあり歩行時杖をついていた。耳鳴り、耳閉感が強い、高音難聴。3回の治療でつまり感はほとんどとれ、高音の聞こえも良くなった。5回の治療後、耳鳴りは気にならないくらい良くなり、杖がなくても歩けるほどめまいも良くなった。聴力も良くなった。

 

タ・ユさん 男性  52才

1ヶ月半前、原因不明で急に左耳が聞こえなくなった。病院の検査では、突発性難聴(低音障害型感音難聴)と診断され、大量の副腎皮質ステロイドや血管拡張薬を点滴した。聴力はわずか改善したが、耳鳴と耳の閉塞感がなかなか改善しない。しばらく病院外来で通院するが、それ以上は症状が改善しなかった。当院に鍼灸治療にはじめた。最初の毎日または隔日の治療を8回続け、耳の詰まり感と耳鳴が随分良くなってきて聴力もほぼ正常に戻り、その後、週2回のベースで18回の鍼治療で、聴力が正常に戻って、耳鳴、耳の閉塞感も残さずに完治した。

 

ホ・タ さん 女性 47才

 ライブハウスで左耳が聞こえなくなる。病院で騒音性突発性難聴と診断され、3週間の入院で、大量の副腎皮質ステロイドや血管拡張薬を点滴した。聴力が低音以外はほぼ正常値だが、左耳低音難聴(中度)が残り、耳鳴、音割れ、音が響いて二重に聞こえる。耳詰まった感も残っている。友人の紹介で当院を訪れ、13回の鍼灸治療で耳の聞こえと以上の症状が改善された。 

 

カ・ユさん 男性 44才  

2週間前、左耳が突然聞こえなくなり、耳鳴、耳詰まりが強く、とても不快感です。1週間の入院で、左耳突発性難聴と診断された。ステロイド剤の点滴、高圧酵素療法により、聴力が発症した時より5%が上がったが、ほとんど聞こえないし、耳鳴、耳詰まりが残った。現在、血管拡張剤を飲みながら、当院の鍼灸治療を受けている。隔日のベースで7回の鍼灸治療後、病院の検査で聴力が50%回復した、耳の閉塞感も改善された。現在も週2回のベースで耳鳴の治療を受けている。 

 

TMさん 49歳

突発性難聴で来院。耳の詰まり感、耳鳴りがある。1回の治療で耳鳴りが聞こえなくなり詰まり感も気にならなくなった。その後、耳鳴り、詰まり感が出ても治療すると症状が改善される。1クール(10回で)、耳鳴りと閉塞感は無くなった。もともともっているアレルギー性鼻炎もかなり改善した。

 

ISさん 56歳

左耳の難聴のため来院。以前、同じ症状が出たことがあり、薬の治療で治ったが今回は治りが悪い。耳鳴り、詰まり感、めまいはなく、高音が響くのが気になる。2回の治療で響く感じが無くなり、左耳で電話の声も聞こえるようになった。その後、3回治療し、電話の声もずいぶん聞こえが良くなった。

 

TKさん 48歳

右耳の詰まり感、難聴のため来院。詰まり感は3回の治療で気にならなくなり、1クール(10回)治療したところで聞こえにくさもなくなり完治した。

 

突発性難聴の鍼灸治療   |メニエール病と鍼灸治療  症例

難治性の耳鳴りを鍼灸が軽減する

【難治性の耳鳴りを鍼灸が軽減という研究レポート】

Fotolia_81047921_XS.jpg耳鳴りで悩む多くの人が、良い治療結果を得られず悩んでいます。それによって体への不安を抱えたり、不眠やうつの原因となることも。今回の研究はそんな耳鳴りを軽減する、という海外の研究発表です。詳しくはこちら
http://healing-studio.com/nanchi.html

鍼灸が耳鳴りの症状を軽減するという記事が、 HealthCMIのサイトに2016年2月15日付で掲載されました。 ・・・続きを読む

 

                   ↓ ご予約はこちら ↓

                   TEL 06-6344-3736

                 なるべくお電話にてご予約ください)

                 ご予約フォームはこちらをクリック