冬のスタミナ野菜!

11月19日晴れ

 

75412291_1642622249210916_3595228282083082240_n.jpg昨日の休日の晩御飯レストラン

手作り韮菜盒子(豚ミンチ、ニラ、卵、春雨の中身の中華風おやき)です。

 

「ニラ」は冬のスタミナ野菜です!

中国語で別名「起陽草」(陽気を起こす草)があり、古くからスタミナのつく野菜として扱われてきました。

ニラはビタミンB1の吸収を高めるアリシンを多く含んでいる。

ねぎ類と栄養価は似ていますが、ビタミンAを豊富に含むのがニラの特徴です。

からだを温める効果がありますので、冬の寒い季節には積極的に食べたい野菜です。常食にすれば、冷え症や神経痛に有効な食品でもあります。

最近では、体内の毒素を封じ込める働きがあるケルセチンにより、デトックス(解毒)効果も認められています

 

*東洋医学的効能*

 ※健胃・・・胃腸の機能を活発にする

 ※補肝腎・・・肝臓と腎臓の働きを高め、腰と膝を丈夫にする

 ※固精壮陽(種子)・・・腎の機能を高め、生殖機能を強くし、精液漏れを防ぐ

 ※安五臓・・・五臓を温め各機能を回復させる

 ※温中理気・・・胃腸などを温め、気の巡りを改善する

 

*現代の研究より*

 ※生殖機能を高める作用・・・種子の方が葉より強い作用を持つ

 ※血液循環を良くする作用・・・冷えを改善し、血液循環をよくすることが判明しました

 ※抗菌作用・・・ニラは緑膿菌ある程度の抑制効果がある

 

*栄養素の上手な摂り方*

それはニラにビタミンB1の吸収を促進するアリシンがあるためで、豚肉、胚芽米、レバー、タラコなどビタミンB1を多く含む食材と一緒に摂るとよいでしょう。

 粘膜、皮膚に良い油溶性のBーカロチンを摂る目的の場合は油を使って調理することが大切です。

 消炎止血には生の汁が良いでしょう。

 煮るとミネラルやビタミンC等の50%〜70%が溶出しますので、加熱する時間は1〜2分程度にしましょう。

 

74385185_1642622222544252_5553826123172806656_n.jpg 74797340_1642622305877577_4717747478433103872_n.jpg