苦瓜の話について@−苦瓜の栄養素

93

今年の夏は113年間で平均気温最高の一番暑い夏と新聞に書いてあります。

9月に入っても、毎日36℃を越える厳しい暑い日が続いております。暑さにより食欲が落ち、身体がだるく、しんどい方だ少なくないでしょうexclamation&question

 

体熱を冷まして夏バテを解消する野菜−にがうり(苦瓜)の栄養素や、効能を紹介します。ご参考になればうれしいなあわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)

 

苦瓜の栄養素

 

苦瓜.jpg◎ビタミンC苦瓜にはビタミンCがトマトの5も含まれています。その効能は抗酸化作用があり、血管の老化や動脈硬化を防ぎます。

またコラーゲンの生成を促進して細胞、皮膚、血管壁を丈夫にする働きや、ウイルスを抑制することによる風邪の予防、ストレスによるアレルギー疾患にも効果があります。

◎カリウム−利尿作用とナトリウムと排出作用があり、それによる血圧降下作用もあります。

鉄分−造血には欠かせない成分です。

 

東洋医学的効能

◎清暑熱−夏の暑気あたりを解消する。

◎解毒消腫−毒を解消し、腫れものを収める。

◎清肝火−肝の異常な熱を収める。

◎明目−目の充血を改善する。

◎補腎清肝−腎の機能を良くする。

 

西洋医学的効能

消炎作用−苦瓜の脂質蛋白は免疫作用のある貧食細胞であるマクロファージの活性を促進し、免疫力を高めて炎症を収める。

血圧降下作用苦瓜の汁は降血圧薬として臨床にも応用され、その有効率は80%にも達している。

◎血糖値の降下作用−苦瓜の汁は血糖値の降下。

 

次回には苦瓜の話についてA−苦瓜の栄養素の摂り方等をお話ししますので、ぜひ、見て下さいねexclamation×2るんるん