メージュ症候群と中国鍼灸/はり/東洋医学

イラスト(先生).JPG

当院では沢山のメージュ症候群の方が通っています。当院の院長が多年の臨床経験を生かし、メージュ症候群患者の一人一人の症状に合わせて、きめ細かい針灸治療を行います。針灸治療により、多く患者が良い効果をえられ、辛い症状から解放され、ボトックス注射をやめても、日常生活を送ることができるようになりました。薬に無効な方、ボトックス注射をされる前に当院の鍼灸治療を試してみる価値があるではないかと思います。


メージュ症候群とは

両眼の瞼が自分の意思とは関係なくこわばって開眼が維持できない状態です。男女ともに起こりますが,40歳以上に起こり,特に40〜60歳代の女性に頻度が高い病気です.男女比はおおよそ1:2程度です。


原因

アセチルコリンなどの神経伝達物質の変化があると推定されていますが,現在のところに原因ははっきりわかりませんが、ストレスや目の使いすぎにより悪化することが認められます。また、ジストニアの一つの目の症状でもあります。


症状

初期はまばたき(眼瞼痙攣)が多く、光がまぶしく感じ、目が開けにくい――という症状から始まり、次第にまばたきが増え、口や舌をもごもごと動かすこともあります。さらに進行すると両眼を開くことができず、瞼を開けるのに指を使うこともあります。容易に開眼できないため眼周囲の筋を弛緩させようとしたり、逆に強く収縮させたりします。また、額の筋を収縮させ開瞼使用として、額にしわをよせたりすることで特有の表情を呈します。ほとんど場合、両眼で起き、眼をつぶった方が楽に感じます。まぶしい場所や疲労、ストレスで悪化しやすくなります。


診断

特有の開瞼困難とそれに伴う表情、口舌の動きを観察することで診断できます。MRI検査で動脈の異常を発見するのはまれですが、脳梗塞の合併や脳腫瘍などを除外するために実施すべきです。


治療

◎薬物(内服)療法 

抗パーキンソン薬や抗不安薬、抗コリン薬などが用いられる。

◎ボツリヌス療法 

ボツリヌス毒素を痙攣する筋肉に注射する。大部分の症例ではこれで3か月以上は痙攣が治まりますが、効果が減弱するにつれて再び痙攣が起こるようになりますので注射を繰り返す必要があります、または、全く効かない人もいます。


メージュ症候群に対する当院の中国鍼灸治療

当鍼灸院ではメージュ症候群に対して鍼灸で積極的に治療を行っています。当院の独自的な眼針体針頭針、電気針、皮内針など総合的鍼灸治療を行うことによって7割近いメージュ症候群の方が完治したり、症状が改善したりすることが認められます。特にストレスによるものに対しては、鍼灸治療の効果が期待できると思います。鍼灸で有効なツボ刺激をすることにより筋肉や神経の働きが活発になり、血液の循環をよくすることになり、メージュ症候群の症状改善につながります。また鍼灸で自律神経のバランスを調整して、全身血流の循環を良くし、体をリラックスさせることによりメージュ症候群の症状にも効果を挙げられます。

内服薬、または、ボツリヌス毒素に効果のない方に是非、当院の鍼灸治療をお勧めです。

 

症例

初診 2019年3月9日 男性 44歳

治療効果記録.jpg3年前から、目のしょぼしょぼ感が出てきて、ひどくなると痛みが感じる次第にまぶたが開きにくくなり、まぶしさと瞼のビクビクもあり、症状が段々ひどくなった。眼科にドライアイと言われて点眼薬を使用しても一向に良くならない、運転も、自転車もできなくなった。神経内科の診察を受け、眼瞼痙攣(メージュ症候群)だと診断され、ポットクス注射するしか方法はないといわれた。本人はしたくないので、当院に治療を求めてきました。

当院に週2回、1クールの治療後とてもよくなり、患者さん本人が治療の経過と効果を右の記録でまとめた。

 

初診 2018年12月26日 女性 41歳

今年の5月から、眼瞼は開きにくくなり、まぶしい感もあり、三か所の眼科にドライアイと診断され、点眼薬を使用しても全然良くならなかったため、大学病院にメージュ症候群だと診断されました。ポットクス注射するしか方法はないといわれた。

する前に何か治療方法がないかと当院の治療に来られた。週1のペースで合計5回で、症状なくなりました。その後月1回で予防治療を受けている。

 

初診 2018年2月2日 女性 59歳

昨年6月から、眼瞼は開きにくくなり、まぶしい感が強い、症状が段々ひどくなり、時々閉じてしまう、特に左がひどい。運転も、自転車もできなくなった。病院の診察を受け、長い間に安定剤の服用により副作用で、眼ケイ痙攣だとといわれ、ポットクス注射するしか方法はないといわれた。寝つきが悪い、便秘。

当院に週2回、2クールの治療後目が徐々に開きやすくになり、まぶしさもよくなりました。運転もできるようになった。便通もよくなりました。


再診 2017年7月1日 男性 63歳

6年前から、まばたきが多い、目が開きにくい、特に左目がひどい。3年前に大学病院で、眼瞼下垂の手術をしたが改善されませんでした。その後、別の大学病院にメージュ症候群だと診断され、何十回のボトックス注射をして、症状を少し緩和することができたが、段々注射するところがかゆくなり、医者にアレルギー反応だと注射がやめましょうと言われた。もう病院で治療方法はないから、2015年2月一度別の病気で当院の診察に来られたことで、再診に来ました。

週2回の鍼灸治療、1か月半で、病院の検査に行ったとき、だいぶ良くなりましたねと医師に言われ、本人も眼瞼の力が大分入れるようになり、開きやすくなったといった。効果が継続するため、しばらく通院することになった。

 

女性 51歳

初診 2017年3月5日

3年前からまぶしさ、と目の開きにくい感じがあり、眼科にドライアイを言われたが、目の薬も効かなかった。

昨年2月に、運転中にまぶしい感じ次第に目が閉じてしまうことにより運転ができなくなり、とても苦痛と先の生活が不安になった。神経内科に受診、メージュ症候群と診断され、2〜3か月一度ボトックス注射して、症状を緩和することになったが、だんだん効かなくなった。知人の紹介で当院に来て鍼灸治療を受けた。2、3回の鍼をしたら、目が開きやすくになり、遠方からなので、来られるとき週2回、1回のベースで3か月の治療後、病院に受診したら、医師に今の状態がとても良いので、今回のボトックス注射は先に送りましょうと言われた。

現在、効果を維持するため、週1のペースで当院の治療を受けている。

 

男性 17歳

初診 2017年2月8日

3か月前から、眼瞼は開きにくくなり(特に屋外)、顔面、目がピクピクような症状もあり、自転車に乗って前が見えないので人とぶつかることがあった。心療内科にて薬を服用中。また、寝つきが悪い、夢が良く見える。

当院に4回の鍼灸治療を受けたあと、目が開きやすくになり、顔面と目の痙攣も止まった。自転車にも乗れるようになった。睡眠も大分とれるようになった。その後、10回続いての治療後、目が完全に開けるようになり、顔面痙攣もなくなった。ほかの症状も良くなりました。完治した。


女性、41歳

初診 2015年10月17日

10年前から、目が開けにくくなり、まばたきが多く、まぶたが上がらないという症状がでてきました。ずっと眼科に通っていたが、ドライアイだといわれた。症状が段々ひどくなり、大学病院の神経内科に受診したら眼瞼痙攣またはメージュ症候群と診断されて、ボトックス注射を3か月1回受けましたが、ほとんど改善されず、日常生活も困難になりました。

ネットで当院に来て初めて鍼灸治療を受けた。治療後の次の朝、しばらく目を開けることができた。治療を重ねるごとに少しずつ目が開けやすくなり開けていられる時間も長くなりました。遠方からでも週1回のペースで1年ぐらい頑張って通い続きた結果、瞬き少なくなり、変なひきつりも無くなって、目も開けやすくなった。日常生活にも通常に元てきた。

 

女性、44歳

初診 2014年12月8日

昨年10月頃、目が開けにくくなり、まばたきが多く、まぶたが上がらないという症状がでてきました。その後、病院では眼瞼痙攣またはメージュ症候群と診断され日常生活も困難になりました。ボトックス注射を受けましたが、ほとんど改善されず、仕事も出来なくなり休職した。

12月に当院に来て初めて鍼灸治療を受けた。治療後の次の朝、しばらく目を開けることができた。治療を重ねるごとに少しずつ目が開けやすくなり開けていられる時間も長くなりました。

治療を始めてから2ヶ月経ち、仕事に復帰した。現在は、開けにくさ重だるさもなく日常生活もすっかり元通りで車の運転もできるほどです。

 

 

thumbnail_IMG_7946.jpg

女性 45歳

昨年6月、神経内科にメージュ症候群と診断され、目が開けられない、瞬きが多い等症状がずっと続いている。

当院の1回の鍼治療で、かなりの効果がありました。

左側の写真が患者様からのメールです。

    

    

眼瞼下垂と中国鍼灸    顔面痙攣と中国鍼灸

顔面神経麻痺と中国鍼灸  眼瞼痙攣と中国鍼灸

ジストニアと中国鍼灸

 

ご予約は以下の電話、またはメール

06-6344-3736

メールご予約