耳ツボダイエットで話題になった耳のツボを使う【耳鍼療法】とは?

耳鍼1.JPG DSC05064.JPG 耳鍼2.JPG

耳ツボダイエットで一般的にも知られるようになった耳のツボ。
耳鍼療法は、そんな耳にあるツボ(反応点)を探し、
鍼またはそれに変わるもので刺激を与えます。
そうすることで、病気または症状を治したり、
緩和したり、予防をしたりする一種の鍼療法です。

また、24時間程度しか効果が持続しない鍼治療と合わせて行うことで、
治療効果を早めたり、鍼治療の治療効果を持続させる
ことができます。
当院では、少しでも患者さまの症状を早く継続的に緩和したいと思い、
この鍼と耳鍼の融合治療を用いています。

 

ひらめき 耳鍼の主な適応症 ひらめき

各種疼痛性疾患

外傷性の痛み
(捻挫、打撲、骨折、やけどなど)

術後の痛み
(脳外科、胸部、腰痛部及び各種鍼麻酔)

神経性の痛み
(頭痛、三叉神経痛、肋間神経痛、
 帯状疱疹、坐骨神経痛など) 

末期がんによる痛み

各種炎症性疾患

急性結膜炎、口内炎、急・慢性胃炎、胆嚢炎、腎・胆結石など 

機能性失調性疾患

不整脈、高血圧、生理不順、夜尿症など 

アレルギー性疾患

アレルギー性鼻炎、喘息(ぜんそく)、花粉症、
アレルギー性結腸炎など 

内分泌代謝性疾患

単純性甲状線種、甲状腺機能亢進、橋本病
糖尿病、肥満、更年期障害など 

各種慢性疾患

腰痛、腿痛、肩こり、パーキンソン病など 

その他

近眼・眼精疲労、美顔、ニキビ、ダイエット、禁煙、禁毒、禁酒、など

林鍼灸院で使用している【耳鍼】

当院では、主に4つの耳鍼を使い、治療に当っています。

耳鍼3.JPG 耳鍼4.JPG

 

 

(短い鍼で刺入する)

 毫針.JPG

 埋鍼

(皮内鍼で耳穴に埋める)

 埋鍼.JPG

 圧豆法

(治療では、漢方薬である王不留行を使う)

 圧豆法.JPG

 磁石療法

(圧豆法と同様に磁石を使用する)

 磁石療法.JPG