顔面神経麻痺(ベル麻痺・ハント症候群)専門┃鍼灸 中国はり┃ 大阪梅田 林鍼灸院

イラスト(先生).JPG

当院には大勢の顔面神経麻痺の患者が通院しています。鍼灸治療の適応症の中で、顔面神経麻痺・脳梗塞・脳出血後遺症などの神経内科の疾患は当院の最も得意な疾患の一つに挙げられます。

当院の院長は、大学病院の神経内科での十数年間の臨床の間に、大勢の顔面神経麻痺・脳梗塞・脳出血の患者を針灸で治療した、豊富な経験を持っています。特に体針と眼針を合わせて行うことによって効果がかなり上がっています。

顔面神経麻痺の鍼灸治療の効果は、発症時期と重さによりますが、鍼灸治療の有効率は極めて高いです。ただ、鍼灸治療開始の時期及び施術の先生の技術、経験によって完治できるかどうかはとても重要な要素ですので、顔面神経麻痺になった方または病院で改善されない方は、ぜひ早めに一度、経験のある当院で鍼灸治療を受けることをおすすめします。


顔面神経麻痺の原因

西洋医学では

顔面神経麻痺の原因は臨床的には中枢牲顔面神経麻痺末梢性顔面神経麻痺に分けられます。


○中枢性顔面神経麻痺

顔面神経核上病変(上位神経)による麻痺です。原因は脳溢血、脳腫瘍、その他脳内の病変により、顔面神経が障害され、顔面機能が消失する病気です。


○末梢性顔面神経麻痺

@ベル麻痺

顔面神経を栄養する血管はウイルスの侵入によって痙攣になって顔面神経組織への血液の栄養が失って、浮腫、圧迫され、顔面神経麻痺を発症する。


Aハント症候群

顔面神経麻痺の原因の15パーセントほどを占めるものとしてハント症候群があります。ハント症候群は、水疱瘡(みずぼうそう)の原因ウイルスである帯状疱疹ウイルスの再活性化により発症します。


B外傷などにより顔面神経が障害され、顔面機能が消失して麻痺になることもある。


東洋医学では

顔面神経麻痺の原因はストレスや過度の疲労などが原因で体力と免疫力が低下して、体の中の正気(抵抗力)が不足して脈絡が空虚になり、外表を防衛できなくなる、その上、風邪・寒邪・熱邪が虚に乗じて、顔面を支配している主な脈絡に陽明、少陽という脈絡を侵入して脈絡の流れが悪くなると筋肉が麻痺を起すと考えられています。


顔面神経麻痺の症状

1顔面麻痺.jpg顔面麻痺は朝起きた時、突然に顔面の片側に力が入らなくなり、頬が腫れて、食事した時口角から食物がこぼれて、目が閉じなくなる、麻痺している側の口角が下がってくるなどの症状が現れる。大勢の顔面神経麻痺の方は発症の1日〜1週間前、風邪のような症状があり、耳の後ろに痛みがあることが多くみられる。


○末梢性顔面神経麻痺の症状

·  麻痺側の前額郡の「シワ」がなくなり、又「シワ」を作ることが出来ない。
·  閉眼が不十分、または閉じられない。
·  口笛が上手く吹けない。うがいができない。
·  神経麻痺側の鼻唇溝は平坦となり、口角は垂れ下がる。
·  神経麻痺側の舌の前2/3の味覚障害がでることがある。
·  食事と飲水時、口角から食物がこぼれる。
·  耳が痛い、高い音や自分の声が響くなど症状。


○中枢性顔面神経麻痺の症状

·  対側前頭筋がほとんど障害されない。上方視に際にシワを作ることができる。
·  目周りの筋肉(眼輪筋)は麻痺がされないか、あってもきわめて軽い。
·  健側と麻痺側の両目が閉じることが可能である。
·  口周りを中心に両側の筋肉(口輪筋)が障害されることが多い。
·  食事と飲水時、口角から食物がこぼれる。
·  顔面麻痺以外の症状がでる。


○中枢麻痺と末梢神経麻痺の鑑別の仕方

オデコにしわ寄せが出来るか否かによる。
·  麻痺側のオデコにしかしわ寄せが出来ない、出来ても弱い→末梢性
·  両方のオデコにしわ寄せができる→中枢性


顔面神経麻痺の治療

西洋医学治療

顔面神経麻痺にかかると一般的にまず耳鼻科や脳神経内科などへ行き諸々の検査を受け、副腎皮質ステロイドや抗ウイルス剤の点滴、星状神経節ブロックなどを行い、改善されなければ、血流改善剤、ビタミン剤や神経賦活剤などの薬が処方されます。病院によっては顔面神経減荷術の手術を行うところもありますが、手術の後遺症を伴うなどのリスクが高いですし、因果関係はまだはっきりしていないということで、現状ではよい治療法とは言いきれません。なかなか症状改善されなければ薬物・ビタミン投与などのあとは「しばらく様子を見る 」ということになり、これといった治療法が確立されていないのが現状です。 


東洋医学治療

顔面神経麻痺に対しては鍼灸治療最も効果をあげられます。針灸治療によって経絡を活性化して、気・血のながれをよくしそれによって麻痺した神経の働きが徐徐に回復していくと考えています。

◎鍼灸治療と治療時期及びかかる時間

顔面神経麻痺は早期治療が大切な病気である。時間が経てば経つほど、治りにくくなり、後遺症が残りやすくなる。顔面神経麻痺に対して鍼灸院によって様々な鍼治療法がありますので、まず顔面神経麻痺に対しての治療経験豊富な鍼灸師を慎重に選んだほうがいいでしょう。

顔面神経麻痺は症状や発病の時期によって治療法が変わることがあります。特に顔面神経麻痺発症の初中期は低周波を使っての電気鍼など強い刺激は避けるべきです。病的な共同運動など後遺症が出現しやすくなることがあります。鍼灸は主に自然治癒力を活かして、麻痺された神経を早期回復することに主眼がおかれます。顔面神経麻痺は自然に治ることもあります。しかし、麻痺の程度や治療法、治療開始時期などによって、予後に大きく影響することがあります。

 

当院の治療方針

当院院長の長い治療経験や治療した例からいいますと、治療時間は一般的に発症して一週間前後から鍼灸治療するのがベストだといいでしょう。発症初期は病院と並行しての鍼灸治療をお勧めします。発症してからの半年前後が勝負のわかれ目である。当院では体鍼や眼針やお灸を使うことで治癒率を高め、短期間に回復させて顔面神経麻痺の後遺症を防ぐことが可能である。そのために、まず、針灸治療によって風邪や寒邪を取り除いて、経絡を活性化して、特に顔面部の経気のめぐりをよくし、三陽の経筋の栄養状態の改善をはかる。主に手足陽明胃経、手足少陽経穴を取穴する。局部取穴と遠隔取穴を組み合わせる。タイプ別取穴を加わる。必要に応じて灸法または耳針など療法を用いる。  

 

養生法

· 患部に寒冷の刺激を避けて、冬の場合にはマスクをするほうがよいこと。
·  患部を自己マッサージする、または暖かいタオルで患部に敷く、10分間/1回、1回/1日。やけどしないよう注意すること。
·  閉じられない目の感染も注意を払うこと。


当院の顔面神経麻痺の一部の症例

thumbnail_IMG_8435.jpgthumbnail_IMG_8436.jpgthumbnail_IMG_8437.jpg

 

 

       顔面神経麻痺と鍼灸

 

 患者さんからの治療経過の手紙 症例  2 3 4

 

眼瞼下垂と鍼灸/中国はり  |動眼神経麻痺と鍼灸/中国はり 

眼瞼痙攣と鍼灸/中国はり  顔面痙攣と鍼灸/中国はり 

眼瞼下垂と鍼灸/中国はり  眼精疲労と鍼灸/中国はり

三叉神経痛と鍼灸/中国はり  メージュ症候群と鍼灸/中国はり 

 眼瞼下垂と鍼灸/中国はり

 

Fotolia_18165832_XS.jpg【顔面神経麻痺への可能性が高まる中国の治療レポート】

中国で、ベル麻痺に対する治療が行われ、とても有意義な結果がでました。

詳しくはこちら→http://healing-studio.com/gannmennsinnkeimahi.html

 

 


               ひらめき料金・診療日

            ↓ ご予約はこちら ↓

             電話TEL 06-6344-3736

        (なるべくお電話にてご予約ください)

        

         ご予約フォームはこちらをクリック

    (ご予約フォームからのご予約は3日前までにお願いします)

           

            LINEでのご予約

           thumbnail_IMG_2027.png

      【休診日】 月曜日/日曜日 ※祝日は不定休

※当院のホームページの全ての文章と画像の複製および無断転載は禁じます※ひらめき