鍼灸治療とは?

漢方薬と同じく、伝統的な中国医学(東洋医学)療法のひとつです。3000年の歴史があり、中国文明の発祥地である黄河で生まれて先人が代々培ってきた、効果のあり、安全な、自然なものが現在に伝えられている治療方法です。針やお灸を使って経絡のつぼのところに刺すと温めることによって、病気の治療、予防の目的に達することです。鍼灸療法は、筋肉の痛みや凝りをほぐし、内臓や自律神経やホルモンの働きと全身の「気血」バランスを調整、新陳代謝や血液循環を促進、免疫力を強化、体質を改善、自然治癒力を引き出します。今では自然で安全で、なおかつ効果がある治療法と健康増進、疾患予防の方法となっています。

鍼灸療法のメカニズム

鍼を打つと、だるいような、重いような、ズーンとした感じを受けることがあります。また、人によっては温かく感じたり、心地よく感じたりしますが、これこそが「響き」と言われるものです。
鍼の響きは、経絡の流れに沿って感じることが多く、「得気」とも言います。「得気」は、文字通り、「気を得ること」。つまり、鍼の響きは、気を得ることができるというわけです。
鍼の響きは、
脳内でモルヒネを生み出す原動力です。脳内の下垂体で作られるエンドルフィンは、鍼の刺激によって生み出され、全身をめぐって痛みを和らげ、精神を安定させる働きがあります。要するに、響き(得気)があれば、鍼の治療効果がより現れやすくなるということです。
もちろん響きを感じないと、効果がでないということではありませんが、ある程度の「響き(刺激)」は、必要だと言えるでしょう。
当院では、響きを生まれやすくするために、通常の日本鍼とは違う、やや太めの鍼を使用しています。「太い鍼」と言っても、恐れる必要はありません。とても
心地よい治療ですので、安心して治療を受けていただくことができますよ。

 

 鍼灸治療は体針、耳針、頭針、皮膚針、通電療法、灸法、吸い玉療法などがあります。  

 

           ◆当院の鍼・お灸  ◆当院の耳鍼治療

         ◆当院の頭鍼治療  ◆当院の吸い玉療法

針とお灸.JPG  
                                      上に戻る

鍼灸治療の「鍼」と「お灸」

鍼灸療法は、経絡のツボに鍼を刺したり、お灸などを用いて温めたりすることで、人間の自然治癒力を最大限に引き出し、病気の治療、予防をすることができる治療方法です。

ちなみに経絡とは、中国医学で人体の気・血・水を運ぶ通路で、人体を縦方向に走る経脈と、身体各部に広く分布する絡脈の総称するものです。
その経絡は身体の内部では内臓につながり、外部では全身の体表につながり、内臓と体表の各組織・器官をつらぬいて、一つの総合体を構成しています。

人間の身体にはたくさんのツボがあり、ツボのひとつひとつが経絡という通路によって、身体の組織や臓器につながっています。


例えるなら、ツボは自動制御装置のボタン。
経絡はツボを連結する回路。つまりエネルギーの通り道というわけです。身体の異常が出て、エネ36c305ac85fecdb0.jpgルギーがスムーズに流れなくなってしまった時、ボタンであるツボを押してあげると(刺激すると)、流れが正常に戻り、症状を改善するです。

ツボは全身に1000以上あります。治療する時に、どのツボを押すか、どのツボを組み合わせるかが、病気を改善するポイントになってくるのです。                           上に戻る

鍼灸治療の適応症

疼痛性疾患 肩こり腰痛頭痛(片頭痛)、関節痛三叉神経痛坐骨神経痛顎関節症帯状疱疹後神経痛肋間神経痛各種疼痛
婦人系疾患 不妊症、生理痛生理不順子宮下垂(子宮脱)、更年期障害、子宮内膜症逆子冷え症卵巣のう腫
    整形外科系疾患   五十肩変形性膝関節症関節痛ぎっくり腰脊柱管狭窄症むち打ち症頚肩腕症候群捻挫ジャンパンー膝(膝蓋靭帯炎)テニス肘ゴルフ肘
消化器系疾患

 急・慢性胃炎胃潰瘍・十二指腸潰瘍胃下垂逆流性食道炎過敏性腸症候群便秘、腹痛、食欲不振、消化不良、肝障害、潰瘍性大腸炎痔ろう、脱肛

神経系疾患 メージュ症候群顔面神経麻痺脳卒中後遺症パーキンソン病眼瞼下垂めまい認知症(アルツハイマー病)ギランバレー症候群筋ジストロフィー、ジストニア多発性神経炎、線維筋痛症、多発性筋硬化症、小児脳性麻痺
心療内科系疾患 うつ病不眠症、慢性疲労症候群円形脱毛症眼瞼痙攣顔面痙攣自律神経失調症など
呼吸系・アレルギー疾患 喘息花粉症アトピー性皮膚病アレルギー性鼻炎気管支喘息など
眼・耳鼻系疾患 眼精疲労飛蚊症緑内障、ドライアイ、小児近視、黄班変性症、急性鼻炎、慢性鼻炎、副鼻腔炎(蓄膿症)、耳鳴・難聴突発性難聴メニエールー病など
内分泌・免疫性系疾患 糖尿病関節リウマチ肥満症バセドウ病甲状腺機能亢進症)、橋本病(甲状腺機能低下症)白斑症など
生殖・泌尿器系疾患  ED・インポテンツ男性不妊、前立腺肥大、膀胱炎など
損容性疾患

しわたるみシミ肝斑クマニキビ肥満症など

難病  間質性肺炎潰瘍性大腸炎メージュ症候群がん(癌)、ジストニア、クロー病、多発性筋硬化症、線維筋痛症、重症筋無力症、本能性振顫など
その他 禁煙、禁酒など
   

  ※上記以外の症状でお悩みの方も相談を承ります。
  是非、一度、当院へお越し下さい。       

 

                  ↓ ご予約はこちら ↓

                 電話TEL 06-6344-3736

               (なるべくお電話にてご予約ください)

                ご予約フォームはこちらをクリック

  (ご予約フォームからのご予約は3日前までにお願いします)

 受付時間

 月

火 

水 

木 

金 

 土 祝

日 

 午前9:00〜12:00

 ○

 ○

 ○

 −

 ○

   ○

 −

 午後14:30〜18:30

 ○

 ○

 ○

 −

 ○

 17:30まで

 −

                ※祝日も診療しております。

                【休診日】 木曜日/日曜日            上に戻る