不妊症・顔面神経麻痺・眼瞼痙攣・緑内障及び難病も大阪・梅田にある臨床経験豊富な中国鍼灸(はりきゅう)の林鍼灸院にお任せ下さい

イラスト(先生).JPG

当院の院長は専門知識と経験豊富な中国医師であり、大学病院の神経内科にて長期間の臨床経験と研究で生みだした鍼灸治療法は動眼神経麻痺に対して効果を上げています。大勢の動眼神経麻痺の方が回復してきました。この病気に対する鍼治療は当院のとてもお得意の一つです。自信が持って治療します。交通事故によるもの、脳の手術の後遺症によるもの、そして原因不明によるもの、病院に治療法はない、様子を見るしかないなどと言われたら、ぜひ、当院の鍼灸治療を試してみて下さい。

 

動眼神経麻痺とは 

何らかの原因で、まぶたが垂れる(眼瞼下垂)、(症状のひどいものでは全く瞳が見えないほど下がっているものあります)。目の動きが悪い(眼球運動障害)、二重を見える(複視)や目が外側に向いてしまったことを主症状として発症する病気である 

 

動眼神経麻痺の原因

原因としては、脳動脈瘤クモ膜下出血、脳出血、脳梗塞、外傷による脳内病変や糖尿病による神経異常や原因不明などを挙げられます。

 

動眼神経麻痺の主な症状 

① 眼瞼下垂 

② 複視・斜視

③ 眼球運動障害

 

動眼神経麻痺の西洋医学の治療法

まずは原因疾患の治療を脳外科に手術、神経内科に薬を行います。

 

動眼神経麻痺の鍼灸治療について
 

当鍼灸院は動眼神経麻痺に対して鍼灸で積極的に治療を行っています。他院にない頭鍼、眼鍼など多方面な治療法を同時に行い、更に電気鍼(電気バリ、電気針、パルス)と手技の活用によって、鍼灸効果を最大限に引き出す、高い即効性の鍼灸を実現しています。当院の鍼灸治療により9割ぐらいの動眼神経麻痺の方が完治したり、症状が改善したりすることが認められます。特に原因不明のや脳内疾患で手術後の回復はしてないや事故により動眼神経麻痺に対して当院の鍼灸治療によって完治することが多いのです。

 

症例

Oさん 男性 86歳 (初診 2022年9月)

9月1日より右眼の奥の鈍痛があり、5日、眼科受診で眼球運動障害と、6日朝より複視が出現、眼ケイ下垂になった。7日神経内科受診、MRLなど精査して、原因不明な動眼神経麻痺と診断されまして、薬なし、様子見てくださいと言われました。

当院の鍼灸治療を10回で瞼が開くようになり、2クールで瞼が完全に開いて、眼球運動の正常になり、複視もほぼなくなり、完治しました。

 

Hさん 男性 57歳 (初診 2022年6月)

2週間前に右眼球を打撲し、右動眼神経麻痺(眼球が内側に動かない、眼瞼下垂はなし)、視力の低下(1.0→0.07)が見られた。1週間入院しステロイド療法→内服に切り替え、視力は0.5に改善したが眼球運動はほとんど変化がなく、当院の治療を求めて来院。

1クールの治療で眼球の動きはほぼ改善し、視力も元通りになり、15回の治療で完治した。

 

Tさん 男性 59歳 (初診 2022年6月)

1週間前に左耳内痛あり、その後左目動眼神経麻痺を発症した。病院の検査で異常はなく、軽度の糖尿病によるものかもしれないと言われた。眼瞼下垂、眼球が動かない、複視の症状。

3回の治療で瞼が半分ほど開くようになったが、眼球はまだ少し動きが悪く複視がある。その後順調に回復し10回で完治した。

 

Tさん 女性 35歳 (初診 2022年7月)

 

1か月前、左目が動かない、眼ケイ下垂、複視の症状が出て来て、病院に原因不明の動眼神経麻痺だと診断された。原因はわからないから様子を見るしかないと言われた。

遠方から当院の治療に求めて来て、5回の治療したら、大分よくなり、合計1クール(10回)の治療後まぶたが完全に開くようになり、眼球の動きも良くなり、複視はなくなり、完治しました。

 

Yさん 男性 62歳 (初診 2022年3月)

2月17日ワクチン接種、4日後の21日に発症、右眼瞼が開かない、物が二重に見える、眼球が動けない、不眠、コロナワクチンのせいかと強い不安を感じている。病院に原因不明の動眼神経麻痺と診断され、様子見るしかないと言われた。

当院の3回目の鍼治療後、瞼が開くようになり、その後、眼球の動きもよくなり、複視が内側に見る時だけ二重が見えるが、10回の治療で動眼神経麻痺は完治しまして、不眠と不安もなくなりました。

Yさん 男性 18歳(初診 2022年2月)

 

昨年の9月にバイク事故により脳挫傷になり、長い入院に経て命が助かったが左眼球が全然動けない、眼ケイ下垂など動眼神経麻痺の症状は改善してない。何か所の鍼灸治療を受けたがなかなか良くならなくて、当院の治療に求めて来た。

遠ですが、週2~3回のペースで真面目に治療を受けた。そして、予想通り1クールの鍼灸治療で完治しました。

 

Wさん 女性 初診2021年8月

以下は患者からの口コミです。

”2月に入り未破裂脳動脈瘤の治療のためクリッピング術をした後、右目の動眼神経麻痺を発症しました。病院からは薬の処方だけで、しばらく様子を見ましょうと言われました。
右まぶたは完全に閉じたまま、瞳孔は開き、眼球は外を向いたままほとんど動きませんでした。眼科にも行きましたが匙を投げられ、途方にくれて泣きました。
どうにか治る可能性はないかとインターネットで探し、林鍼灸院を見つけました。治療実績があり、実際の写真も載っていて、遠方からでしたが通う勇気が出ました。
2回目の治療の後くらいからまぶたが少し開くようになり、通えば通うほど、まぶたが開いてきて、眼球も動くようになりました。今ではまぶたは完全に開いて、眼球の動きもほとんど回復しています。おしゃれができるようになって、以前は親しい友人にも会えず、ずっとこのまま生きていくんだと思っていましたが、ここまでよくなり本当に感謝しかありません。先生がいなければ本当につらい人生を送っていたと思います。同じ症状で苦しんでいる方がいらっしゃったら、私の体験談を読んでいただきぜひ足を運んでみてほしいと思います。”

 

Tさん 男性 61歳 (初診 2021年4月)

3月20日より、右目が中央より内側に動かないため、二重に見える(複視)、右上眼瞼下垂。病院でのMRIなど検査でも異常なしで原因不明の動眼神経麻痺と診断され、ステロイド剤を処方され服用2週間も改善してないため当院の治療を求めて来た。

当院の鍼灸治療5回後、瞼が少し開けるようになり、眼球の動きと複視も少しずつ良くなり、20回で複視がなくなり、まぶたが完全に開け、眼球の動きも正常になり、完治しました。

 

Mさん 男性 77歳 (初診 2021年3月)

2月12日急に発症、眼球の裏が鈍痛と眼ケイ下垂が強かった、鎮痛剤を服用した。2月末ぐらいから痛みが軽減したが、複視と眼球の外転が出来ないに苦痛になった。1ヶ月前から複視(上、下、右に見る時)が続いている、原因不明の突発性斜視と診断され、ビタミン剤と点眼薬を処方してもらった。1ヶ月の使用しても改善はありませんでした。神経内科の診療では先生に回復に望めないのではないかということ。

当院の鍼灸治療5回後、少しずつ焦点が合うようになり、10回で複視は完全になくなりました。

 

男性 61歳 (初診2020年12月2日)

11歳時、左右目とも斜視の手術を受けたが、複視が治らなくて、今でも二重見える。時に正面に見る時酷くて、運転ができません。飛紋症、左眼の視野が欠けている。

当院の1クールの鍼治療後、複視が75%回復しました。飛紋症もよくなりました。

 

男性 57歳 (初診2020年10月27日)

8月中旬に左眼瞼下垂、複視(二重見える)、眼球が動きにくい、斜視の症状が出始め、9月中旬に入院した。MRIなどの検査で、異常なし。おそらく眼瞼型重症筋無力症による動眼神経麻痺だと言われました。免疫力を抑える薬、ステロイドなど4週間を内服したが症状は改善されませんでしたため、当院にたどり着きました。

当院の8回の鍼灸治療後、まぶたが完全に開けるようになり、斜視と複視もなくなって完治されました。

 

男性 初診10月26日

2か月前、原因不明の動眼神経麻痺だと診断されて、様子を見るしかないといわれた。当院の12回の鍼治療後完治しました。

 

女性 51歳 初診10月28日

8月15日に仕事の帰りにバイクで転倒、1週間に入院した。くも膜下出血による動眼神経麻痺と診断された。瞼が開かない、手で開くと二重に見える、眼球が内側に動けない、見えにくいという症状です。病院からビタミン剤だけもらって、そのまま治らないと言われました。知り合いのご紹介で、来院しました。

そして2か月け(合計2クール)の治療で完治しました。

 

男性 42歳 初診7月29日

7月14日、突然右目が二重に見える、目が動きにくい、まぶたが落ちった。症状がだんだんひどくなり、病院でMRIなどの検査をしたが、特に原因が見つかりませんでした。原因不明の動眼神経麻痺だと診断されて、ビタミン剤を処方された。あと様子見るといわれた。半月過ぎでも症状は一向も良くならないため、当院に治療することになりました。

そして3か月の治療で90%回復したが、斜視はまた少し残っているから、続いての治療で斜視と複視もなくなり完治しました。

 

男性 58歳

昨年11月、突然、右目のまぶたが開けなくなって、眼球も動けなくなり、複視もあった。救急センターに脳出血の疑いで、MRIなどの検査をしましたが、特に異常なし。原因不明の動眼神経麻痺かもしれないといわれ、治療方法もないので様子を見るしかないと・・・ その後も大学病院の神経内科など診察をしてもらったが、結論が同じく、結局、様子見るだけです。

 

1ヶ月過ぎでも症状は一向も良くならないため、当院に治療することになりました。

5回の治療後、まぶたが少しずつ開けるようになって、眼球の動気も良くなりました。1ヶ月の治療で、まぶたが完全に開き、眼球の動きも正常になり、複視も殆どなくなりました。信じられないぐらい回復しました。病院に治療方法はないといわれでも、諦めずによかったと本人が言いました。

男性 15歳

小学校5年生時(10歳)、急に右眼の視力が低下、眼球の動きはよくない、瞼が開かないことで、病院に原因不明の動眼神経麻痺だと診断されました。3年前(12歳)時、目の手術をして、眼球の動きがよくなりましたが、瞼が閉じたまま、病院にそれ以上に治療方法はないと言われました。

いろいろのところで治療したが、全く改善してない。インターネットで、経験のある当院にたどり着いたそうです。2クールの治療で、瞼が少し開くようになり、重なる治療で、開く程度も大きくなりました。今も継続的に治療をしている。

 

眼瞼下垂と鍼灸/中国鍼     斜視と鍼灸治療/中国鍼 

メージュ症候群と鍼灸/中国鍼  眼瞼痙攣と鍼灸/中国鍼灸

緑内障と鍼灸/中国鍼      飛紋症と鍼灸/中国鍼

加齢性黄斑変性症と鍼灸/中国鍼 顔面痙攣と鍼灸/中国鍼 

顔面神経麻痺と鍼灸/中国鍼   ┃外転神経麻痺/鍼/中国鍼

緑内障|鍼灸|中国鍼

 

料金・診療日

↓ ご予約はこちら ↓ 

TEL 06-6344-3736

↓   LINEでのご予約 ↓ 

↓ ホームページでのご予約 ↓

ご予約フォームはこちらをクリック

(ご予約フォームからのご予約は3日前までにお願いします)

※当院のホームページの全ての文章と画像の複製および無断転載は禁じます※

院長 中医師 林 暁萍教授

中国医師/武庫川女子大学非常勤講師/中国遼寧中医薬大学 客員教授

患者様のつらい気持ちをわかって心がこもった治療は大切ですが、豊富な医学知識、確かな技術により病気をしっかり治してあげることも大切です。だから、私は常に最新の医学知識と医術の勉強を努力しています。誰にも言えない身体の悩みがひとりで抱えないで、ぜひ一度、ご相談してください。

院長の素顔はこちら
院長ブログはこちら

新著書 中医美容鍼灸実践

著書 中医治療学マニュアル

記事が2012.No8 医道の日本に掲載された

記事が2017.No.5 医道の日本に掲載された

※取材依頼はこちら

当院の看板

ホームページのQRコード

ホームページのQRコード

LINE公式アカウント

LINEでのご予約・お問い合わせの受付をはじめました ぜひ友だち追加お願いします