当院の吸い玉(すいたま)・カッピング療法

吸い玉(すいたま)・カッピング療法は、数千年の歴史を持つ中医学の治療法です。中国では、今でも病院でよく行われ、非常に効果のある治療法です。

本場の中医学の知識や熟練した技術で、背中、足、足裏にカッピング・吸玉を行います。とても気持ちの良い治療法です。大勢の方々に吸玉を施術してきました。

ぜひ、一度当院の本場のカッピング・吸玉を体験してください。

吸い玉療法は、皮膚に吸い玉を吸着させ、施術した部分の血管が引っ張られてふくらみ、血液の流れる量が多くなり、速さも早くなることにより、血管の血行障害が改善され、血管硬化を防ぐ事が出来ると考えられています。また、血液の浄化と血行の促進により、筋肉痛の際に溜まる乳酸などの老廃物も解消されます。

また、当院の院長が独自に開発した林式フット吸い玉療法が日本において、他ではマネの出来ない治療法です。足の裏に吸い玉を動かせ、または、吸着させて血流の循環を良くすることにより足のむくみが取れて、足が軽くなり、とても気持ちのいい治療法です。

以下は当院の吸い玉のやり方です。

 

1.JPG  3.JPG  DSC02571.JPG
閃火法で吸い玉をする   背中の吸い玉      フット吸い玉

 

ひらめき 吸い玉療法の作用および主な適応症 ひらめき

皮膚の若さを保つ

エステ、美容など

ホルモンやお血を調整する

婦人科疾患、不妊症、生理不順 

内臓諸器官を活発にする

内臓疾患、消化不良、便秘など

自律神経を調整する

自律神経失調症、不眠症など 

筋肉に対して強力なマッサージ  肩こり、腰痛 
血液をキレイにする

糖尿病、リウマチ、内分泌疾患

末梢血管の血行をよくする  冷え性、高血圧、低血圧など 
ツボの刺激範囲が広い  健康管理、慢性疲労、予防医学など 

※昔は竹の木と陶器を使っていましたが、今はガラス製やプラスチック製のものがほとんどです。当院でもガラス製のものを使用しています。

◎電話でのご相談・ご予約は06−6344−3736

 メールでのご相談・ご予約は