三叉神経痛と中国鍼灸/はり/東洋医学

イラスト(先生).JPG三叉神経痛は、坐骨神経痛肋間神経痛と並び、日本人に多い神経痛の一つです。三叉神経痛は顔面に起る神経痛で、一般には顔面神経痛とも呼ばれています。顔面の神経を司る働きを担う三叉神経に沿って痛みが走る神経痛の事ですが、とても強い痛みが、発作的に起る疾患です。

三叉神経痛が、辛い疾患だと言われるのは、とても強烈な痛みがある事と、痛みが顔面で起こるため、食事ができなくて体力の消耗をきたしりする事と、痛みの発生頻度によっては、三叉神経痛が原因で、ひどいうつ状態になったりする事もあるためです。

また、三叉神経痛は発症後、時間経過と共に、悪化する傾向が強く痛みの生じる頻度と、持続時間は変動するものの、相対的に辛さが増す時が多いと言う事もあり、三叉神経痛は早期の対応(治療)と予防が大切だと言われています。発症年齢は大部分が50歳代以降で、やや女性に多く見られます。

 

 三叉神経とは

三叉神経.jpg 三叉神経とは脳神経の中で最も大きな神経です。眼神経(第一枝)と上顎神経(第二枝)、下顎神経(第三枝)が三枝に分かられている。三叉神経痛になるのは最も多いのが第二枝の上顎神経で、その痛みが上唇から頬やこめかみに及びます。次いで第三枝の下顎神経の痛みが多く、下唇や下顎からこめかみに及びます。第一枝の眼神経の痛みは額から頭部に及びますが、第二枝、第三枝ほど発症頻度は多くありません。

 

原因で

三叉神経痛の原因はわからないものが大部分ですが、頭部に腫瘍や動脈瘤、動脈硬化症によって三叉神経が圧迫されていることがありますし、顔面の三叉神経の近くにある歯や耳、目などの病気で起こることもあります。また、糖尿病やアルコール中毒などによって起こることもあります。 

 

症状では

三叉神経痛.jpg

三叉神経痛の症状は極めて特徴的です。痛みは神経が刺激されるような、ビリっとすると表現される電撃痛ですが、数秒、数分後にはうそのように消えることもあります。一日中うずく持続的な痛み方はしません。食事、歯磨き、洗顔、髭剃り、会話などで誘発されます。痛む部位は顔面と頭頂から前の部分に限られ、片側性です。日常生活に大きな苦痛を伴います。 

 

三叉神経痛の西洋医学の治療法 

現在、三叉神経痛の治療法には大きく分けて4方法があります。内服薬による治療、神経ブロックによる治療、手術による治療、ガンマナイフによる治療です。

内服薬による三叉神経痛の治療

内服薬は抗てんかん薬の一つのテグレトールを服用するようです。良く効くことが多い薬で、約50-75%の方に効果があるといわれていますが、問題は徐々に効果がわるくなって、この薬だけで痛みの消失を得ることができなくなることがあるということです。また、薬の副作用としてめまい、ふらつき、眠気、脱力感があり、最終的にはこれだけで痛みの消失を得ることが出来無くなることが一般的です。

神経ブロックによる治療

神経ブロックによる治療とは、一時的に神経を麻痺させる薬を麻酔科的な手技を用いて痛んでいる神経に注入したり、特殊な薬液や熱凝固システムを用いて三叉神経の一部を半永久的に遮断したりする方法です。これらの神経ブロックによる治療にも、いくつかの問題があり、特に三叉神経節をブロックする方法では、顔面のしびれや感覚障害が後遺症として残ったり角膜障害が起こることもあります。またブロック自体が原因となって、あらたな難治性の顔面痛を生じたりすることがあります。 

手術による治療(微小血管減圧術)

三叉神経痛の原因となっている脳深部血管の三叉神経への圧迫を手術によって取り除く(微小血管減圧術)方法です。

ガンマナイフによる治療

放射線の一種のガンマナイフのガンマ線を用いて、三叉神経痛を治療する方法です。最近では比較的効果があるとされる方法ですが、設備がそろっている病院が少なく、また保険適用外の手術ということで誰でも簡単に受けることができないというのが現状です。 

          

 |三叉神経痛の鍼灸治療について  三叉神経痛の症例

 

   ↓ ご予約はこちら ↓

             電話TEL 06-6344-3736

          (なるべくお電話にてご予約ください)

            ご予約フォームはこちらをクリック

        (ご予約フォームからのご予約は3日前までにお願いします)

 

            ※祝日も診療しております。

           【休診日】 月曜日/日曜日