美容鍼について(3月15日)

美容鍼(針)をテーマした番組は最近よくテレビで報道されましたよねexclamation×2

実際、美容鍼灸は鍼灸治療の一つとして、昔から中国でよく使われた技術です。美容鍼灸は治療保健の2種類が分かられている。

美容治療技術が中薬(漢方薬)、鍼灸などの手段を使って、各種の損容性疾患の治療によって容姿、体型などの欠陥を改善することを目的となる。

美容保健技術が日常の養生・保健などにより、老化の予防、容姿・体型の保持を目的となる。

美容鍼灸は臓腑機能の調整、血液循環の促進、身体のバランスの保つによって顔色蒼白、皮膚干燥、キメの粗い肌、顔面・眼瞼のたるみ、シワなどの顔面、肌の状態を改善して保健美容の目的が達することだけではなくて、肥満、るいそうなどの美形の目的も、そして、ニキビ、シミ、ソバカス、顔面麻痺、麦粒腫、近視、斜視、顔面筋痙攣、円形脱毛症など損容性疾患にも治療することができる。

私は3年前に、美容鍼灸の技術を皆さんに伝わる目的で美容鍼灸に関する詳しい内容を書き終わりまして、いろいろの原因で、出版まで至らないですが、その頃から鍼灸師に向けの美容鍼のセミナを開催して、今まで、すでに5回で開催した。大勢の開業した鍼灸師や、勤務している鍼灸師たちが貴重な休みを利用して、遠いところから参加していただき、一生懸命に勉強する姿にとても感動した。現在、習得した技術を鍼灸治療の中で取り組んでいた鍼灸師が沢山いて、その中、とても活躍している先生もいるそうです手(チョキ)

美容鍼に興味を持つ、そして、その技術を習得したいという鍼灸師が沢山がいると実感しました。これから、美容鍼技術を鍼灸業界に普及するために、もっと頑張りたいと、自分も美容鍼をもっと積極に取り入れ、大勢の美容上に悩みを持つ方に改善してあげて、もっと綺麗にしてあげることを一層努力しますので、ぜひご応援してくださいね手(グー)ハートたち(複数ハート)

追伸:昨日も緑内障や目の周りのクマの治療についてのセミナを開催した。小松、京都、大阪からの鍼灸師たちが参加しました。

セミナー情報&受講生の声はこちら