黒豆の豆知識−シリーズ−A 黒豆の効能

3月23日

中国医学では黒は腎の色で、腎の機能を補う効果がある。黒豆は腎虚で視力の弱い子供によい、また、習慣性流産の予防作用や精力を強化するため、耳鳴を予防することができると古来より知られています。

東洋医学的効能

◎腎臓を補う−生殖機能を高め、妊娠しやすい体質を作る、流産の防止に繋がる。

◎活血解毒−血行を良くし、各種の皮膚感染症に効果がある。

◎風利水−免疫力を高め、めまいや急性のむくみを解消する。

現代医学の研究より

◎動脈硬化の防止作用−黒豆の油は血液中の脂質を降下して動脈硬化を防止する働きがある。

◎女性ホルモン様作用−大豆と同じく、女性ホルモン様作用が確認された。

◎腸の痙攣を緩和する作用−含まれるダイゼンの効果と考えられている。

◎視力向上−アントシアニンという黒い色素に、腎の衰えによる視力低下を改善する作用が確認された。(東方栄養新書により)