「鍋貼」の作り方 

5月14日

 

昨日休みの日に、晩御飯は「鍋貼」や緑豆入れのお粥を主食として、おかずは豚肉の角煮、胡瓜の炒めや漬物です。

 

「鍋貼」とは餃子の作り方と同じですが、餃子より3倍ぐらい大きい、そして、焼いて食べるものです。

 

中国では餃子と言えば蒸し餃子か水餃子が主で、焼き餃子は中国ではちゃんとした料理ではなく、残り物の食べ方の一つです。 つまり「食べ切れなかった水餃子を次の日に焼いたやつ」と言う料理です。

 

そのほか、発酵させた小麦粉で作ったものが肉まんじゅう、小龍包等がありますが・・・

今日は紹介したいものは餃子類ものですが、餃子ではない、「鍋貼」という料理です。

中身はいろいろ種類がありますが、今日作ったのはニラ、豚ミンチ、炒めした卵です。

作り方は餃子と同じですが、大きいから、皮の作りに苦手の方は作りやすくなる。

腕がなくても簡単に作られますし、しかも、おいしいです。

レシピ

韮 2 卵 2個 豚ミンチ 300g

醤油 大さじ2杯 ゴマ油 小さじ1杯 サラダ油 大さじ2杯、胡椒塩 少々

 

ニラ箱8.jpg     ニラ箱7.jpg     ニラ箱5.jpg

  皮です       中身を入れる     皮を包む

ニラ箱6.jpg     ニラ箱3.jpg     ニラ箱2.jpg

           鍋に入れる焼く    出来上がった

 

以上の材料で27個作りました。 私は5個食べてしまったよ。わーい(嬉しい顔)exclamation×2