「中秋節」の話について

922 

今日は中国旧暦の八月十五です満月かわいい

旧暦815の日を「中秋節」といいます。西暦では9月の下旬ころにあたります。今年は22です。

中秋の名月.jpgその日の月は一年の中で最も円に近く(満月)満月、最も明るく美しい月といわれ ます。 中秋節は春節に次ぐ大節句で「仲秋の名月」を観賞することは唐の時代 から盛んになっています。また、中秋節は秋の収穫を祝って地の神様を祀る日で もあります。

月餅1.jpg旧暦の8月に入ると、デパートでは様々な
月餅(ゲッペイ)が並びます。一日一日 と円くなるお月様と見比べながら、人々は月餅を買って中秋の夜を待つのです十五夜になると、家族そろって、ご馳走を食べたり、お酒を飲んだりして、美し いお月様と家族の団欒を楽しみます。そして、月餅月果(丸い果物:梨、西 瓜、リンゴ、桃、葡萄)を供えます。
桂花酒.jpg
中秋のお酒は
「桂花酒」。木犀の花の香りがほんのりと漂うこのお酒のアルコ 15とわりあい弱く、甘口で老若男女誰の口にも合うので、月見の一家団楽 にむいています。

月見をしながら、昔の文学家が作った月を詠う詩句を思い出して、味わいます。
例えば、宋代の文学者で詩人の蘇東坡は、詩の中でこう詠っています本

 人有悲歓離合(人には悲しみや歓び、出会いや別れがあり)わーい(嬉しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
 月有陰晴圓缺(月には晴れや曇り、満ちる時と欠ける時がある)満月やや欠け月
 此事古難全 (昔からすべて完全なものはない)晴れ曇り雨
 但願人長久 (ただ遠く離れていても永久の無事を祈り)パンチ手(チョキ)
 千里共蝉娟 (共に美しい月をめでよう)
 満月新月晴れ

 

月餅.jpg今日、仕事が終わったら、家のベランダで、中国から持ってきた月餅を食べなが ら、満月を楽しみに観賞したいと思いますレストラン揺れるハートハートたち(複数ハート)

皆さんもぜひ、観賞してくださいねexclamation×2