とても面白い報道

126

昨日(日曜日)夜18時からの真相報道バンキシャの番組で、とても面白い報道がありました。

11月12日から11月27日まで中国広州で行われた第16回アジア競技大会の混合ダブルス(ペア碁)と女子団体で二つの金メダルを獲得した韓国の李瑟娥の頭には、なんと十数本もの針韓国選手.jpg。(右の写真)

記者会見では「緊張しすぎておなかが痛かった。血のめぐりが良くなるというので」と語ったが、韓国のトップ棋士李昌鎬、李世ドル(ドルは石の下に乙)の頭にも散見された。

肉体を動かす競技では考えにくい事態。これは頭脳で競うスポーツならでは?

棋士のドーピング検査が話題となった今回。国際囲碁連盟によると、“針対局”は「今後の課題」として、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)に報告されるという。

われわれ鍼灸師にとって、なかなか面白い話でしょうexclamation×2