たまねぎ(玉葱)の話についてU

21

たまねぎ栄養素の上手な摂り方

たまねぎの辛味を軽減するために、塩漬けにしたり水につけたりして生で食べるのは一般的な方法ですが、そうするとアリシンは減ってしまいますので、あまり長く水につけないようにしましょう。アリシンを上手に取るためには炒め物の最後にたまねぎを加えるとよいでしょう。たまねぎは肌のシミによく、特に生のままで食べると効果的です。少量を常食するといいでしよう。 

 

家庭療法への応用

ビタミンC欠乏症

沸騰したお湯でたまねぎを軽く煮、塩を少少加えて食べる。

不眠症

たまねぎの輪切りを枕元の置く。香により、寝付きがよくなる。

高脂血症

毎日少量食べると血中の中性脂肪が減り、血栓を予防する。

咽喉の痛み

たまねぎの汁を同量の沸騰した酢と混ぜて服用する。