「食養生」は元気の基本

5月21

食養生とは、文字通り“食で命を養う”ということ。私たちの身体は食べ物から摂る栄養でつくられているため、食を整えることが健康を保つ一番の基本となります。日本は豊かな食に恵まれた国。だからこそ、自分の身体に必要な食べ物をきちんと見極め、日々の食養生で健やかな身体づくりを心がけましょう。

食材のパワーを味方につけ、身体の中から健康に

カロリーや栄養素の計算ではなく、食べ物の持つ「味と性質」から食事を考える。これが、食養生の基本です。

食材には「五性湿性・熱性・寒性・涼性・平性)」や「五味酸味・苦味・甘味・辛味・鹹味)」といった性質がありますが、その特性を季節や体調の変化に合わせて取り入れることで、食事から身体を整えるのです。

難しいことのようですが、実はこうした食材選びは普段からごく普通にやっていること。例えば、身体や脳が疲れていると甘いものが食べたくなったり、寒い時期に身体を温める辛い料理がおいしく感じられたり。そんな風に、私たちはその時々で身体が求める食べ物を自然と選んでいるのです。

食養生は、こうした食べ物の特性を積極的に取り入れ、健康な身体づくりに活かす中医学の知恵。日々の食事は、今の健康だけでなく5年、10年先の身体づくりにもつながります。

いつまでも元気に過ごすためにも、まずは食材のパワーを知り、自分の身体に必要な食べ物をきちんと選ぶことを心がけましょう。