ジストニア(ジストニー)難病専門┃鍼灸 中国鍼┃大阪・梅田 林鍼灸院

イラスト(先生).JPG

当院では沢山のジストニア(ジストニー)の方が通っています。当院の院長が多年の神経内科の臨床経験を生かし、ジストニア(ジストニー)患者の一人一人の症状に合わせて、きめ細かい針灸治療を行います。また、当院独自の電気頭針と眼針を用い治療することにより、多くな患者が良い効果をえられ、辛い症状から解放され、普通な日常生活を送ることができるようになりました。

薬に無効な方、他院の鍼灸治療に効果のない方、ぜひ、当院の鍼灸治療をお試しにしてください。

 

ジストニア(ジストニー)とは

脳(主に大脳基底核核)や神経系統の何らかの障害により、持続的または不随的筋肉が収縮したり固くなったりする難治性の疾患です。正確には「ジストニア」とは症状の名称であり、さまざまな病気が含まれる「症候群」です。

本態性ジストニア (原因のよくわからないもの)と二次性ジストニア (脳の病気で二次的に生じるもの)の2種類があります。

 

ジストニア(ジストニー)の原因

1. 本態性ジストニア(原因不明)

多くは遺伝子異常による。現在では約20もの遺伝子異常によるジストニアが発見されている。
DYT1ジストニアは、次の世代に50%の確率で遺伝子異常が引き継がれるが、遺伝子異常を持っていても30%しか発症しない。したがって家族歴が分からないこともある。

 

2. 二次性ジストニア

薬剤性 … 抗精神病薬の副作用として生じることが知られている。

外傷性 … 脳挫傷
ほかに … 血管障害、代謝異常、神経変性疾患、脱髄性疾患、感染性、中毒など


ジストニア(ジストニー)症状

1.全身性ジストニア

全身の筋肉が異常に動いてしまう 

 

2.局所性ジストニア(体の一部にのみの筋緊張の異常)

@  眼瞼  目のまわりの筋肉が異常収縮して目が開けられなくなる眼瞼けいれん

A  痙性斜頸  首の筋肉の異常によって首が曲がってしまう

B  痙攣性発声障害  絞り出すような声、かすれた声、声が出ない。

C  メイジュ症候群  顔面を中心に開瞼困難など両目や口など対称性に力が入る。

ジストニア(ジストニー)診断

本態性ジストニアではCTやMRIでは脳の形に異常はみられません。筋電図で関節を曲げる筋肉と伸ばす筋肉が同時に動いてしまう所見(共収縮、相反性抑制の障害)が診断の助けになります。遺伝性ジストニアを疑って遺伝子検査をする場合もあります。

 

ジストニア(ジストニー)治療

◎薬物(内服)療法 

抗コリン薬(アーテン、パーキン、アキネトンなど)などの薬物治療ですが、劇的な効果はまれです。

 

◎ボツリヌス注射療法 

ボツリヌス毒素を痙攣する筋肉に注射する。異常に動いている筋肉にボツリヌス毒素を微量注射し筋肉を麻痺させる治療が用いられます。大部分の症例ではこれを2−3ヶ月に1回注射で、痙攣が良くなるが、薬の効果が減弱するにつれて再び痙攣が起こるようになりますので注射を繰り返す必要があります、または、全く効かない人もいます。

 

手術療法

以上の治療で満足のいかない場合は、手術治療(視床凝固手術)を考慮します。ジストニアの手術治療の歴史はまだ浅く、ごく限られた脳神経外科施設でのみ行なわれているのが現状です。

 

ジストニアに対する当院の中国鍼灸/はり/東洋医学

DSC05757.JPG当鍼灸院ではジストニアに対して鍼灸で積極的に治療を行っています。当院の独自的な眼針、体針、頭針、電気針、皮内針など総合的鍼灸治療を行うことによって沢山なジストニア方の症状が改善する事が出きた。特に西洋医学の治療および他院の鍼灸治療で効果があんまり出ない方に対しては、当院の鍼灸治療の効果が期待できると思います。


頭針、DSC05760.JPG眼針など特殊の鍼灸治療で有効なツボ刺激をすることにより筋肉や神経の過剰な動きをコントロールすることになり、ジストニアの症状改善につながると思います。また鍼灸で自律神経のバランスを調整して、全身血流の循環を良くし、体をリラックスさせることによりジストニアの症状にも効果を挙げられます。

内服薬、ボツリヌス毒素に効果のない方、または他院の鍼灸治療によくならない方に是非、当院の鍼灸治療をお勧めです。

 

ジストニアの予後 

ジストニア自体で命にかかわることはありません。ただ、経過が長くなると首や手足などの骨が変形して脊髄を圧迫し麻痺やしびれなどの原因により体が不自由になる場合があります。原因がわかっておらず病気自体を根本的に治すことは困難です。しかし従来治療法のなかった時代から比べると、現在では鍼灸治療を含めさまざまな治療によって、良好な経過をたどることもまれではありません。

ジストニアの養生

ジストニアはストレスや過剰な運動により悪化することが多いです。 日常生活ではストレスをたまらないように自分なりの方法を見つけること、十分な休養をとること、心身の負担を軽減することが重要です。 無理なストレッチ、首周辺の筋肉の鍛錬は症状の悪化に繋がりますので、控えるべきです。

 

症例


初診 2021 年10 月 男性 55歳

5年前から、目のしょぼしょぼ感、まぶしさ感じが出て、まぶたが重くて開きにくくなった。眼科にドライアイといわれて、点眼薬をして、鍼も併用しまして、症状が少しマシになった。今年の夏から症状がひどくなり、まばたきが多すぎで眼球に傷ついて痛い。9月に初めてポットクス注射をして少し良くなったが根本的に治療をしたいと来院しました。

当院に1クール(10回)の治療後、まぶたが開きやすくになり、まばたきも普通になり、まぶしさも改善されました。


初診 2021 年3月 男性 51歳

3年前から、目のまぶしさ感が出て、まばたきも多くなった。室内で大丈夫ですが外に出ると目が開くにくくなる。運動もできなくなった。5回のポットクス注射をしたが良くならなかった。煎じの漢方薬も2年間服用したが良くならなかった。

当院に2クール(20回)の治療後、症状が緩和され、運動も普通にできるようになった。


初診 2021 年2月 女性 46歳

昨年6月から、まぶしさ、まばたきが多い、目が開きにくいなどのが出始め、段々ひどくなり、サングラスをしないと目が開かない状態でした。神経内科の診察を受け、眼瞼痙攣(メージュ症候群)だと診断され、ポットクス注射を3回したが効かなかった。

当院の鍼灸治療を受け、5回ぐらいから症状は少し良くなり、1クールの治療後、外でもサングラスをかけなくでも目が普通に開けるようにまでよくなりました。


初診 2020 年10 月 男性 39歳

1年前から、目のしょぼしょぼ感と眩しさが出てきて、まぶたが開きにくくなり、開かない時もあった。神経内科の診察を受け、眼瞼痙攣(メージュ症候群)だと診断され、ポットクス注射を2回したが効かなかった。

当院に最初は週2回、1クールの治療後、症状がとてもよくなり、まぶたも開けやすくになった。2クールの継続治療で、症状が殆んどなくなりました。


初診 2019年3月9日 男性 44歳

治療効果記録.jpg3年前から、目のしょぼしょぼ感が出てきて、ひどくなると痛みが感じる次第にまぶたが開きにくくなり、まぶしさと瞼のビクビクもあり、症状が段々ひどくなった。眼科にドライアイと言われて点眼薬を使用しても一向に良くならない、運転も、自転車もできなくなった。神経内科の診察を受け、眼瞼痙攣(メージュ症候群)だと診断され、ポットクス注射するしか方法はないといわれた。本人はしたくないので、当院に治療を求めてきました。

当院に週2回、1クールの治療後とてもよくなり、患者さん本人が治療の経過と効果を右の記録でまとめた。

 

初診 2018年12月26日 女性 41歳

今年の5月から、眼瞼は開きにくくなり、まぶしい感もあり、三か所の眼科にドライアイと診断され、点眼薬を使用しても全然良くならなかったため、大学病院にメージュ症候群だと診断されました。ポットクス注射するしか方法はないといわれた。

する前に何か治療方法がないかと当院の治療に来られた。週1のペースで合計5回で、症状なくなりました。その後月1回で予防治療を受けている。

 

初診 2018年2月2日 女性 59歳

昨年6月から、眼瞼は開きにくくなり、まぶしい感が強い、症状が段々ひどくなり、時々閉じてしまう、特に左がひどい。運転も、自転車もできなくなった。病院の診察を受け、長い間に安定剤の服用により副作用で、眼ケイ痙攣だとといわれ、ポットクス注射するしか方法はないといわれた。寝つきが悪い、便秘。

当院に週2回、2クールの治療後目が徐々に開きやすくになり、まぶしさもよくなりました。運転もできるようになった。便通もよくなりました。


男性 64歳

2017年10月11日

2年前から顔面が引きつる、目が開きづらい、口がもぞもぞするの症状がでてきて、眼科に受診したら、眼瞼下垂と言われ、手術をしてもらったが、症状が徐々にひどくなり、首や顎も引きつる感、飲み込むにくくなった。神経内科に見てもらったら、局所性ジストニアのメージュ症候群だと言われた。ボツリヌス注射を2回したが、顔のこわばりひどくて、症状もよくならなった。

当院の鍼灸治療を週3回のペースで3クール(20回)をしたら、症状がかなり緩和され、ボツリヌス注射をしなくても普通な日常生活が送る事が出来るようになった。

 

再診2017年7月1日 男性 63歳

6年前から、まばたきが多い、目が開きにくい、特に左目がひどい。3年前に大学病院で、眼瞼下垂の手術をしたが改善されませんでした。その後、別の大学病院にジストニアからメージュ症候群だと診断され、何十回のボトックス注射をして、症状を少し緩和することができたが、段々注射するところがかゆくなり、医者にアレルギー反応だと注射がやめましょうと言われた。もう病院で治療方法はないから、2015年2月一度別の病気で当院の診察に来られたことで、再診に来ました。

週2回の鍼灸治療、1か月半で、病院の検査に行ったとき、だいぶ良くなりましたねと医師に言われ、本人も眼瞼の力が大分入れるようになり、開きやすくなったといった。効果が継続するため、しばらく通院することになった。

 

女性 51歳

初診 2017年3月5日

3年前からまぶしさ、と目の開きにくい感じがあり、眼科にドライアイを言われたが、目の薬も効かなかった。

昨年2月に、運転中にまぶしい感じ次第に目が閉じてしまうことにより運転ができなくなり、とても苦痛と先の生活が不安になった。神経内科に受診、メージュ症候群と診断され、2〜3か月一度ボトックス注射して、症状を緩和することになったが、だんだん効かなくなった。知人の紹介で当院に来て鍼灸治療を受けた。2、3回の鍼をしたら、目が開きやすくになり、遠方からなので、来られるとき週2回、1回のベースで3か月の治療後、病院に受診したら、医師に今の状態がとても良いので、今回のボトックス注射は先に送りましょうと言われた。

現在、効果を維持するため、週1のペースで当院の治療を受けている。

 

男性 17歳

初診 2017年2月8日

3か月前から、眼瞼は開きにくくなり(特に屋外)、顔面、目がピクピクような症状もあり、自転車に乗って前が見えないので人とぶつかることがあった。心療内科にて薬を服用中。また、寝つきが悪い、夢が良く見える。

当院に4回の鍼灸治療を受けたあと、目が開きやすくになり、顔面と目の痙攣も止まった。自転車にも乗れるようになった。睡眠も大分とれるようになった。その後、10回続いての治療後、目が完全に開けるようになり、顔面痙攣もなくなった。ほかの症状も良くなりました。完治した。


女性、41歳

初診 2015年10月17日

10年前から、目が開けにくくなり、まばたきが多く、まぶたが上がらないという症状がでてきました。ずっと眼科に通っていたが、ドライアイだといわれた。症状が段々ひどくなり、大学病院の神経内科に受診したら眼瞼痙攣またはメージュ症候群と診断されて、ボトックス注射を3か月1回受けましたが、ほとんど改善されず、日常生活も困難になりました。

ネットで当院に来て初めて鍼灸治療を受けた。治療後の次の朝、しばらく目を開けることができた。治療を重ねるごとに少しずつ目が開けやすくなり開けていられる時間も長くなりました。遠方からでも週1回のペースで1年ぐらい頑張って通い続きた結果、瞬き少なくなり、変なひきつりも無くなって、目も開けやすくなった。日常生活にも通常に元てきた。

 

女性、44歳

初診 2014年12月8日

昨年10月頃、目が開けにくくなり、まばたきが多く、まぶたが上がらないという症状がでてきました。その後、病院では眼瞼痙攣またはメージュ症候群と診断され日常生活も困難になりました。ボトックス注射を受けましたが、ほとんど改善されず、仕事も出来なくなり休職した。

12月に当院に来て初めて鍼灸治療を受けた。治療後の次の朝、しばらく目を開けることができた。治療を重ねるごとに少しずつ目が開けやすくなり開けていられる時間も長くなりました。

治療を始めてから2ヶ月経ち、仕事に復帰した。現在は、開けにくさ重だるさもなく日常生活もすっかり元通りで車の運転もできるほどです。

 

 

thumbnail_IMG_7946.jpg

女性 45歳

昨年6月、神経内科にメージュ症候群と診断され、目が開けられない、瞬きが多い等症状がずっと続いている。

当院の1回の鍼治療で、かなりの効果がありました。

左側の写真が患者様からのメールです。

    

 

女性 71歳

2013年8月初診

20年前にジストニアを診断され、目が開きづらい、口周辺に力が入る、食べにくい。3ヶ月1回にボツリヌス注射をずっとしていたがあんまりが効き目がないと。

週3回のペースで半年ぐらいに当院の鍼灸治療をして、症状が段々良くなって、ボツリヌス注射も効果が出てきた。今も当院の治療を継続にしていて、前のつらい症状がかなり改善された。


男性 47歳

2012年5月初診

1年前から、左眼瞼があけにくくとまぶしい感じがあって、段々右目も同じ症状が出てきて、口周りが勝手に動く。大学病院の神経内科にジストニアに診断され、ボツリヌス注射を2ー3ヶ月のベースで注射を受けた。最初の注射で効き目がありましたが、徐々に効かなくなった。知り合いの紹介で、当院の鍼灸治療を受ける事になった。遠方からなので、来られるとき毎日を治療を受けて、5クールの治療後、目が開けやすくなり、まぶしさの感じもなくなりました。次第に口回りの勝手な動きもなくなった。症状が完全になくなった。


   

眼瞼下垂と鍼灸/中国鍼灸    顔面痙攣と鍼灸/中国鍼灸

顔面神経麻痺と鍼灸/中国鍼灸 眼瞼痙攣と鍼灸/中国鍼灸   

メジュー症候群と鍼灸/中国鍼灸 

 

ひらめき料金・診療日ひらめき

 

↓ ご予約はこちら ↓

電話TEL 06-6344-3736

 

↓   LINEでのご予約 ↓

thumbnail_IMG_2027.png


↓ ホームページでのご予約 ↓

ご予約フォームはこちらをクリック

(ご予約フォームからのご予約は3日前までにお願いします)

 

※当院のホームページの全ての文章と画像の複製および無断転載は禁じます※