副鼻腔炎(蓄膿症)と中国鍼灸/はり/東洋医学

イラスト(先生).JPG鍼灸治療の適応症の中で、副鼻腔炎は当院の最も得意な疾患の一つに挙げられます。

当院には子供からお年寄りの方まで、大勢の副鼻腔炎の方が通ってきています。鍼灸の治療により完治ができたり、症状の緩和ができたことで、沢山のうれしい声が寄せられました。

副鼻腔炎で発熱や頭痛、鼻づまり(鼻閉感)、鼻汁等多彩の症状が現れまして、慢性になると鼻の症状や頭痛・頭重感などに加えて、意力散漫、記憶力減退といった症状を認めることもあり、仕事の能率が上がらなかったり、勉強に集中できないような場合があります。日常の生活に支障が出ることが多いのです。その上、抗生物質が投与され過ぎていることにより、胃の調子が悪くなったり、薬剤耐性(薬が効かない)が慢性副鼻腔炎の難治化になることもあるとも言われています。このような方に、ぜひ、鍼灸の治療をお勧めです。

 

副鼻腔炎(蓄膿症)とは

副鼻腔炎は蓄膿症も言います。副鼻腔の粘膜が細菌やウィルスに感染したり、ハウスダストや花粉症などのアレルギーが原因で炎症を起こし、膿、粘液が排出されず副鼻腔にたまるのが副鼻腔炎です。

副鼻腔とは

副鼻腔.jpg副鼻腔とは顔面骨は鼻を取り囲むようにしていくつか骨の空洞があり、これを総称して副鼻腔と呼んでいます。副鼻腔はそれぞれ独立した部屋になっていて、特に鼻腔との境界が非常に狭い穴でつながっているため、軽度の炎症で腫れても穴がふさがってしまいます。

 

副鼻腔炎の原因では

副鼻腔炎には急性と慢性の2つのタイプがあります。

急性副鼻腔炎の原因は風邪に引き続いて起こるといわれます。

慢性副鼻腔炎の原因は複雑で急性炎症の繰り返しや遺伝的体質、アレルギー、鼻の粘膜が厚くなって詰まってしまう肥厚性鼻炎など様々です。また虫歯の炎症が副鼻腔にまで及んだり、飛行機や潜水での副鼻腔の気圧調節がうまくいかないことが原因になる場合もあります。

副鼻腔炎の症状では

急性副鼻腔炎の症状は風邪に引き続いて起こり、発熱や頭痛、鼻づまり(鼻閉感)、鼻汁等多彩です。

慢性副鼻腔炎は鼻閉感や粘っこい鼻汁、においが分からないといった鼻の症状や頭痛・頭重感などに加えて、意力散漫、記憶力減退といった症状を認めることもあり、仕事の能率が上がらなかったり、勉強に集中できないような場合があります。また、鼻汁が喉にまわり、咽喉の炎症や気管支炎が起こることもあります。

副鼻腔炎の治療では

イラスト(薬).JPG

副鼻腔炎の治療は急性と慢性では少し違いますが、基本的には粘膜の腫れを取り、鼻汁を外に出して本来の鼻腔の絨毛運動機能を回復させることです。
急性期には抗生剤、消炎酵素薬、粘液溶解薬、抗炎症薬、抗アレルギー薬の内服や、炎症をおこしている粘膜へのネフライザー(噴霧器)による噴霧、抗生剤を副鼻注入するなどの方法があります。
慢性期では急性期とは違う種類の抗生剤(マクロライド系抗生剤)を少量長期的に服用することの有効性が明らかになっています。

ただ、抗生物質が投与され過ぎていることにより、薬剤耐性(薬が効かない)肺炎球菌が慢性副鼻腔炎の難治化に関与しているとも言われています。

 

副鼻腔炎の中国医学の考え 

      副鼻腔炎の鍼灸治療                           

                                                   上に戻る

↓ ご予約はこちら ↓

電話TEL 06-6344-3736

(なるべくお電話にてご予約ください)

ご予約フォームはこちらをクリック

(ご予約フォームからのご予約は3日前までにお願いします)