近眼 視力回復 ┃鍼 中国鍼┃大阪・梅田 林鍼灸院

近視(近眼)視力回復の治療なら林鍼灸院へ

 

当院では、多くの近視患者が通っている。患者の一人一人の症状に合わせて、きめ細かく針灸治療方針を立てます。今までの近視患者針灸治療によって、視力向上視界の改善色彩感度向上及び眼精疲労の改善効果が得られました。

 

近視(近眼とも呼ばれる)は、小児および青年に最もよく発生する目の症状です。近視は通常、眼鏡やコンタクトレンズを着けることで対応できますが、不便なことも多く、また、強度近視の場合は矯正しにくい方もいますので、近視を治したいと思う方は多いと思います。

 

早期発見と初期の近視の治療は、視力の改善および補正により良好な効果が期待できます。針灸治療により特に、児童の偽近視(仮性近視)に対する鍼治療は効果的ですが、成人の場合や、強度近視の方に視力回復は難しいのが実情ですが、眼精疲労の改善、網膜剥離(もうまくはくり)、眼底出血の予防に効果が期待できます。

眼鏡やコンタクトレンズを作る前に、ぜひ一度、当院の鍼治療をお試しになりませんか。

 

 

近視とは

人間の目はカメラと同じような構造になっていて、カメラのレンズに相当するものを水晶体、フィルムに相当するものを網膜といいます。正常時では、水晶体がその厚みを増すことにより、無意識のうちにピントを合わせることで、ものを鮮明に見ることができます。ただし、実際は大多数の人は網膜にきちんとピントが合わず、屈折異常の状態です。網膜の前にピントが合ってしまう状態を「近視」といい、近くのものははっきりと見える一方、遠くのものはぼやけて見えます。ほとんどの近視は、眼球の前後方向の長さが正常よりも長い軸性近視と言われるもので、成長に伴い眼球が伸長し、元には戻らないため近視になります。他に水晶体や角膜の屈折力が強い屈折性近視があります。

 

また、近視は単純近視(学校近視)病的近視に大きく分けられます。

 

◎単純近視(学校近視)

遺伝や環境の影響などにより、小学校高学年〜中学校くらいで始まる近視を単純近視といい、病気というよりは身長や体重と同じ個人差です。在学中に発生することが多いので学校近視ともいわれ、近視と言われるほとんどは単純近視です。この中には、勉強や読書などの近業を長時間続けた結果、一時的に近視の状態になる偽近視(仮性近視)が多いと考えられています。近年では低学年から視力低下がおこっており、その数は年々増加傾向にあります。

 

◎病的近視

ごく一部の近視は、幼児期の段階から始まり進行します。眼軸が異常に長くて近視の度が強いため、眼鏡をかけてもあまりよく見えるようにはなりません。また、眼球がかなり大きくなっているため、網膜が引き伸ばされて非常に薄くなっており、目をちょっと打っただけで、網膜の中心部がひび割れや出血によって萎縮したり、網膜が眼底から剥がれてくる「網膜剥離(もうまくはくり)」などの症状を起こします。発生する原因がまだ不明で、遺伝が関与しているともいわれます。矯正しても遠くも近くも見にくくしているようであれば、注意が必要です。

 

 

近視の原因

近視の原因は現在のところ、よくわかっていませんが、遺伝的な要素と環境が関係すると考えられています。

 

1.遺伝的要因

親が近視の場合、子どもが近視になる可能性は比較的高く、遺伝的な要素が複雑に絡んでいると考えられます。

 

2.環境要因

環境要因として勉強や読書、パソコンなどの近業作業の増加、屋外作業の減少が報告されており、特に近年はタブレット・スマートフォンなどの長時間使用が悪影響を与えていると考えられています。

 

 

近視の治療

 

西洋医学では

近視と気づいたら、眼鏡やコンタクトレンズで矯正するのが一般的ですが、あわせて近視の進行予防も大事になってきます。環境要因による近視の進行は、日常の生活習慣を見直すことで防ぐことが可能です。正しい姿勢と適度な明るさの中で過ごし、太陽光を浴びることで近視の抑制効果があるとされています。成長期の子どもさんであれば、規則正しい生活をさせるだけでも効果的です。長時間の近業作業やスマートフォンなどの使用の際には適度に目を休めるようにしましょう。


一時的に近視の状態になる偽近視では、点眼薬が用いられることがあります。また、手術的方法としてレーシック術などがありますが、その場合はその安全性を十分に見極める必要があります。


病的近視は、現在のところ有効な治療方法がありません。網膜剥離や眼底出血などが起こらないように注意し、起きた場合は早急に手術する必要があります。

 

 

東洋医学(中医学では)

近視の治療に鍼を用いることは、中医学においては一般的な治療法です。鍼刺入、ツボ表面の通電、耳針などのツボ刺激により、頭頚部や眼周囲の血流を改善し、頭部位から眼底部位への血流にも影響を及ぼすことで、視神経細胞が活性化して、視力や視野に関しては眼底部位の状態が改善しているものと近視の進行を遅らせること考えられる


治療原則

補肝活血の治療を主とする。

 

局部取穴精明、内精明など

遠隔取穴肝兪、光明など

必要に応じて、耳針、パルス(電気鍼)を配合します。

 

眼精疲労鍼治療 はり    眼精疲労の保健や予防 

緑内障と鍼灸/中国鍼/はり  加齢性黄斑変性症と鍼

飛蚊症と鍼治療/中国鍼   ドライアイと鍼灸/中国鍼 

 斜視と鍼治療/中国鍼    眼瞼下垂と鍼灸治療/中国鍼 

眼瞼痙攣と鍼/中国鍼灸   メージュ症候群と中国鍼灸  

麦粒腫(ものもらい)   顔面神経麻痺と鍼灸/中国鍼


          ひらめき料金・診療ひらめき


        ↓ ご予約はこちら↓  

        電話TEL 06-6344-3736

        

        ↓  LINEでのご予約 ↓

         thumbnail_IMG_2027.png

        ↓ ホームページでのご予約 ↓

        ご予約フォームはこちらをクリック

 (ご予約フォームからのご予約は3日前までにお願いします)

※当院のホームページの全ての文章と画像の複製および無断転載は禁じます※