アトピー性皮膚炎と中国鍼灸/はり/東洋医学

イラスト(先生).JPG

当院には中医学(東洋医学)の理論に基づき、アトピーの方のお一人ひとりの体質に合わせた鍼灸治療を行います。当院の院長が長期間の臨床経験を生かしてアトピーの方にとって常にベストな治療を提供しています。

アトピーの鍼灸治療は西洋医学との組み合わせによる相乗効果も認められています。アトピーのかゆみの解消や皮膚再生などよい効果が得られています。そして、長期間のステロイドの使用による副作用の軽減やストレスによる不眠などの症状も改善することができます。アトピーに罹っている方がぜひ諦めずに鍼灸の治療を試しにして下さい。

 

アトピー性皮膚炎とは

アトピー素因を有する人に生ずる慢性、再発性の皮膚炎であり、年齢によって皮膚損傷が異なり、増悪、寛解を繰り返し、痒のある湿疹を主病変する疾患である。日本人が好発病であり、季節にも関係があり、梅雨期など湿気の高い時期、夏季、気温が高い環境に増悪症例は多くである。

 

アトピーと中医学(東洋医学)

中医学の古典にはアトピーに記載はないが、本病の症状から見ると、中医学の「身痒」、「鱗屑」、「紅斑」、「水泡」に相当する。現代中医学では、先天の特異体質の者に過度の精神刺激、飲食の不摂生、外邪の侵入などの生活環境素因が加わって発症すると考えられ、また、腎は“先天の精を蔵して、体質と関係が深い”、または“皮膚は内臓の鏡である”と認識しており、内臓の諸問題が皮膚に現れてくるのが皮膚病という捉え方をしている。本症の成因は複雑で、体質と関係の深い腎のほか、心、肺、肝、脾とも関連すると考えられる。

 

弁証論治

1.血熱タイプ−慢性湿疹様皮疹、局部湿潤性病巣、紅斑、皮膚赤色、痒感。口渇、よく飲む、不眠、イライラする、舌質紅、苔黄、脈細数

2. 湿熱タイプ−顔面や頭皮の湿潤性病巣、体部の片状紅斑・丘疹、大関節部(肘、膝)の苔癬化、痒感、胃ももたれやすい、軟便または下痢、舌質紅、苔黄膩、脈滑数

3.熱毒タイプ−急性紅斑、水泡、のう泡、丘疹と慢性皮疹を伴うこともある。痒痛感。皮膚赤色、斑疹局部や全身のほてり、口渇、尿が濃く少ない。舌質暗紅、苔黄、脈数

4.血虚タイプ−慢性湿疹様皮膚疹、丘疹、苔癬化、痒感。顔面・唇の血色不良、皮膚乾燥感、月経周期が長く量が少ない。舌質淡、苔薄、脈虚弱 

 

アトピーと針灸治療

アトピーの治療には患者の年齢、体質、皮膚損傷の程度や随伴症により“証型”(タイプ)を判断してから、針灸を用い総合的に治療する。 

主穴:肝兪、血海など

血熱タイプ−清熱涼血、きょ風止痒

湿熱タイプ−清熱瀉火、利湿止痒

熱毒タイプ−清熱解毒、排膿止痒

血虚タイプ−養血潤燥、きょ風止痒

 

アトピーと食養生

食事のバランスをとることが基本であるが、一般にできるだけ米(白米よりも玄米)、魚、色の濃い新鮮な野菜、海藻類を多く取り、パンや肉、牛乳、卵、油類を少な目にすることはアトピーの治療や再発の予防につながる。

重症アトピー患者が食べてはいけないもの

@  コーヒー、チョコレート、ココア(紅茶は可)。

A  肉類、ラーメン、マーガリン、牛乳、バター、チーズ、ヨーグルト等の乳製品やピザ。

B  マヨネーズ(過食しない、少しは可)。

C  背の青い魚(過食しない、少しは可。)

D  ポテトチップス、スナック菓子、餅。

E  鰻(うなぎ)。

F  ワラビ、竹の子。

G  天ぷらなど油っこいもの。

上記食品のアトピーを増悪させるメカニズムはまだ完全に解明していないが、体内の過酸化脂質の産生と関連するというのが一般的な考え方です。

アトピー患者が食べてよいもの

@  白身の魚、小魚、貝類(特にその汁)、カニ、エビ。

A  卵(有精卵)(卵アレルギーのない人に限る)。

B  野菜、果物は、ワラビ、竹の子を除き、何を食べても結構である。                

                                        上に戻る

 

    花粉症と鍼灸治療  喘息と鍼灸治療