冷え症と中国鍼灸/はり/東洋医学

イラスト(先生).JPG|冷え症とは

 四肢や背腰など身体の特定部分だけが特に冷えたく感じるものをいう。

 女性86.2% 男性61.5もあり、身体の冷えを感じることがあると産経新聞によりアンケートの結果で分かっている。女性が冷えにより、生理痛、不妊症などになり、男性がインポテンツ、腰痛、突発性難聴などになりケースが多いようです。

|冷え症と西洋医学

男性は50歳を過ぎた頃から自覚するようになるが、「冷え性は女性のもの」という意識や恥ずかしさなどから言い難く潜在化している、と指摘されている。

女性はホルモンの分泌が複雑に変化するため自律神経が乱れ、冷え性になりやすい。しかし、男女を問わず年を取ると新陳代謝が落ちて血行が悪くなることや自律神経の反応が落ちて熱を奪われやすくなる。また、皮下組織が、薄くなることなどで熱が逃げやすくなることも関係している。

若い世代では、ファッションなどにより、体全体が低体温になり自覚しにくい。内臓が冷えると全身の機能が落ち風邪をひきやすく、昼間も元気がない、眠れないなど影響もでてくる。

働き盛りの男性では、オフィス生活による運動不足やストレスが冷えの原因になりやすい。ストレスを抱えた状態では自律神経の反応が鈍く、寒さを感じにくくなるということと、冷えを放っておくと、肌荒れ・下痢・風邪をひきやすくなったり免疫機能が落ちて様々な病気の引き金となる。

|冷え症のタイプ

@手足の先が冷える・・・「四肢末梢型」

A座りっぱなしの姿勢が血流を悪くする・・・「下半身型」

B手足が暖かいため気づきにくい・・・「内蔵型」

C身体の中で温度差が無く実感できない・・・「全身型」

D神経系や循環器系の障害による・・・「局所型」

この中で男性に多いのは、「下半身型」 と 「全身型」 だということです。 

       

                 |冷え症と東洋医学                              

上に戻る