ジャンパー膝(膝蓋靱帯炎)と中国鍼灸/はり/東洋医学

イラスト(先生).JPG

ジャンパー膝(膝蓋靱帯炎)とは

ジャンパー膝は膝蓋靱帯炎とも呼ばれるが、繰り返し行われるジャンプ動作によって生じる膝関節伸展に関与する筋肉と靭帯の使いすぎによる障害です。多くは成長期以降(15歳以上)に発症します。                       

「成因」

膝伸展機構として膝蓋骨と頸骨粗面をつなぐ膝蓋骨に繰り返しの過度のストレスが加わることにより生じる。ジャンパー膝を起す選手はしばしば長身で、好発年齢の高校生の頃に急速に身長が伸びた者がなりやすい。急な大腿骨の成長に大腿四頭筋やハムストリング筋の成長が追いつかないことも成因の一つと考えられている。また、ジャンパー膝になりやすい素因としては、膝蓋骨の過移動性、外反膝、O脚、X脚などが上げられる。                                   

 

「症状」                                   

 症状は膝蓋骨に存在する周囲の痛み(自発痛、運動痛、圧痛)が特徴です。                                           

「診断」

膝蓋骨のすぐ下(またはすぐ上)に圧痛があり、時に腫脹や熱感もあります。X線撮影では一般に異常が認められませんが、膝蓋骨下極の延長や骨棘(こつきょく)が認められることもあります。                            

「治療」                                    

原則的には保存療法が行われます。スポーツ活動、とくにジャンプの休止や制限、大腿四頭筋のストレッチング、テーピング、サポーター、消炎鎮痛薬の投与、理学療法などを組み合わせて行います。完治しにくいこともあって、症状の軽い場合にはストレッチングをしながらスポーツを続けさせることもあります。症状が強く、難治性の場合には膝蓋腱の変性部分を切除する手術が行われます。 

 

東洋医学では                                

局部の損傷によりおっ血になり、痛みなど症状が現れる。

「治療」                                   

治療としてはまず安静、すなわち運動が中止させることが一番よいが、現実にはなかなか難しい。鍼灸治療目的は、痛みをとることが主になるが、しかし、痛みの取るだけで障害自体には変化がないことを認識すべきである。

治療原則−行気活血、通絡止痛

取穴−局部取穴と遠隔取穴を組み合わせる。

局部 取穴 犢鼻、血海・梁丘など

遠隔取穴 合谷・委中など

   腰痛と中国鍼灸治療     坐骨神経痛と鍼灸治療  

   頭痛の鍼灸治療           肋間神経痛と鍼灸治療 

   ┃ギックリ腰と中国鍼灸治療 捻挫と中国鍼灸治療

   テニス肘と中国鍼灸治療  ゴルフ肘と中国鍼灸治療