ゴルフ肘と中国鍼灸/はり/東洋医学

イラスト(先生).JPG

ゴルフ肘とは上腕骨内側上顆炎と呼ばれ、主にゴルファーの方に多く見られ。主に上腕骨の内側の突起部の痛みを中心とした炎症です。肘を伸ばしすぎたり、ダフってしまったことが原因になります。

「成因」

スイング中のダフリ、ゴルフボールを打った後のターフを取るダウンブロースイングなどによる衝撃が上腕骨内側上果の屈筋腱、回内筋屈筋群の筋・筋膜損傷になって起ると考えられている。                                  

「症状」

1.上腕骨内側上果部の圧痛

2.スイングしたときの肘内側の痛み

3.ゴルフやテニスなどスポーツの時以外でも、手のひらを上にむけて肘を伸ばした時や、肘を曲げて重いものを抱えた時、電車やバスのつり革を引き寄せる時など痛みが強くなります。

4.肘関節の運動そのものには制限や疼痛がない

 

「治療」 

原則的には保存療法が行われます。安静の指示、要はゴルフを休止すること。消炎鎮痛剤の内服・外用。理学療法などを組み合わせて行う。 

 

東洋医学                                

局部の損傷によりおっ血になり、痛みなど症状が現れる。

「治療」                                   

治療原則−舒筋・活血・通絡

取穴−局部取穴と遠隔取穴を組み合わせる。

 局部取穴 圧痛点、小海など

 遠隔取穴 合谷、支正など

 

  |腰痛と中国鍼灸治療    坐骨神経痛と鍼灸治療  

   頭痛の鍼灸治療          肋間神経痛と鍼灸治療 

   ┃ギックリ腰と中国鍼灸治療 テニス肘と中国鍼灸治療

   ジャンパンー膝(膝蓋靭帯炎)と中国鍼灸