五十肩と中国鍼灸/はり/東洋医学

イラスト(先生).JPG当院では大勢の五十肩の方が通ってきています。五十肩に対する鍼灸治療の効果は極めて高いです。今までの治療結果を見ますと、短期間の鍼灸治療で五十肩の痛みが和らげ、完治することも多いのです。関節の拘縮と筋肉の委縮をを防ぐために早めに鍼灸治療をすれば治りやすいです。病院で改善されない方々はぜひ早めに鍼灸治療をお勧めしたいです。また西洋医学との組み合わせにより相乗効果が認められます。

 

五十肩とは

五十歳前後に肩関節包及びその周囲軟部組織の退行性、炎症性疾患のことを指す。医学的な名称としては肩関節周囲炎という。発症年齢について、50代に言われたが、近年、40代、60代にもよく見られるようになりました。五十肩になると高いところに手をあげると痛む、腕を後ろに回すことができない、肩を下にして横向きで寝むれないなどの症状が現れます。

 

西洋医学では

成因とは 五十肩の原因ははっきりした原因は不明ですが、姿勢が悪い、腱板炎、運動不足、寒冷な環境などにより起こると、肩関節を構成している筋肉、腱、靭帯、滑液包の加齢による退行性、炎症性病変原因と言われています。

症状は 急性期)―肩関節局部疼痛、時に夜間痛など疼痛を主とする。慢性期―上挙不能、後ろに曲らないなど運動障害を主とする。重篤なものは長期化し、病変部位に組織に拘縮と筋肉萎縮が見られる。

治療法保存的治療法(痛み止めなど薬物療法、リハビリテーション、)及び手術療法 

 

中国医学では

中国医学では五十肩を漏肩風また肩凝風ともいう。中年以後、気(エネルギー)が衰退し、気の不足になり、気が弱くなると血液の流れも悪くなるわけです。その上に寒邪気や湿邪気が肩に入りこんで、または、冷え過ぎ、慢性労損(使い過ぎ)により、局部経絡の阻滞、気血不暢を来たし、お血となりやくなります。お血になったり、経絡の流れが悪くなったりすると痛みが起きます。時間が経ちすぎると筋肉拘縮したり運動制限なども起ります。関節や関節周囲が痛みが発生する。

五十肩と鍼灸治療

針灸治療では、経絡の流れを改善し、気血の運行を促す、つまり肩周りの血液の循環をよくすることが大事です。肩周りの主なツボを取り、鍼と灸を併用するとよい効果を得られます。またストレスや疲れを取り除くことも積極的に行われます。

急性期では障害組織の消炎、鎮痛が主眼となっています。運動療法を避けた方がいいです。

慢性期では拘縮の進行を防ぐために循環改善を図ります。この期には積極的に五十肩体操などを取り入れることはポイントです。

また、発症と同時に鍼灸をしたほうが治りやすいし、痛みを抑える効果も高いです。時間が長ければ長いほど治りにくくなります。早期治療をすれば、痛みなどの苦痛の改善も出来るし、早く完治することです。

治療原則―温経養血、疏筋止痛。

取穴―局部取穴を主に、手足の陽明経及びその他の経穴を配合する。

耳針

               |五十肩の症例

上に戻る