変形性膝関節症と中国鍼灸/はり/東洋医学

イラスト(先生).JPG当院には大勢の変形性膝関節症の方が通ってきています。変形性膝関節症は鍼灸治療の適応症です。はりおきゅうが変形した軟骨などにより刺激された周りの組織の炎症を抑えることで、腫れを取ったり、膝に溜まった水を取り除いたりことによって、痛みを緩和することができます。                                                                   

変形性膝関節症とは

 膝関節の軟骨の変形、摩耗によって関節の破壊が起り、これに対して骨硬化や骨棘形成などの骨増殖がおこり、膝関節の変形と疼痛、運動制限を起す退行変性(老化),進行性疾患です。老化や肥満以外に原疾患が明らかでない一次性変形性膝関節症と、外傷歴や何らかの先天性あるいは後天性の膝関節疾患に続発する二次性変形性膝関節症がある。変形性股関節症とは異なり、膝関節症では一次性が多い。40歳以上の太った女性に多い。

原因では

一次性変形性膝関節症は加齢による関節軟骨の退行性と荷重と関節運動の機械的刺激が作用して摩耗による関節の変形と増殖性変化を起すが、肥満、動脈硬化、関節軟骨破壊酵素の活性化、性ホルモンの影響もある。二次性のものは半月板損傷、靭帯損傷、骨折、化膿性関節炎、関節リウマチなどに続発する。

症状とは

歩行痛、正座痛、階段昇降時痛、動作開始痛、立ち上がり痛など。膝に水が溜まり、腫れるなどです。

西洋医学的な治療

保存的治療(生活指導―膝関節への負担を減らすために体重減量など、理学療法、装具、薬物、関節内注入療法など)

手術療法:人工膝関節置換術など。

 

東洋医学の考え方としては

変形性股関節・膝関節症は下肢痛と膝痛の範囲に属すると考えられている。中高年層の退行性変化として股関節・膝関節軟骨の摩耗に始まり、骨の増殖性変化、股関節の変形、半月板の変性,靭帯の変性・弛緩、関節包の肥厚や滑膜の炎症、大腿四頭筋の萎縮などを起すに至る。

病因では変形性膝関節症が起きるのは、

(1)冷え・湿気などが身体に悪影響を与える。

(2)その結果、淤血が発生する。

(3)淤血は、血行不良を引き起こす。

膝関節とその周囲の組織の血行不良のため、酸素や栄養の供給不足を引き起こす。痛みなどを出てくると考えています。

変形性膝関節症の鍼灸治療では

針灸による変形性膝関節症の治療法は、冷え・湿気などにより被害を受けた身体を立て直す。淤血を取り除く。

治療原則−活血、通絡止痛取穴−局部取穴と遠隔取穴を組み合わせる。

  局部取穴と遠隔取穴

 

上に戻る