むち打ち(ムチウチ)症の中国鍼灸治療

当院のむち打ち(ムチウチ)症の鍼灸治療

 

 イラスト(先生).JPG当院には大勢なむち打ち症の方が通ってきています。この病気に対する鍼灸治療はとても有効的な治療法です。特にむち打ちの後遺症や様々なむち打ち損傷による症状に対応できます。鍼の独特な鎮痛作用を利用して痛みを和らげたり、完治したりすることができます。鍼灸治療は自律神経系のバランスを調整して、筋肉の緊張を和らげ、血行を促進して症状を改善する治療方法なのです。ムチウチ症による生じる諸症状のめまい、吐き気、耳鳴り、眼精疲労など治療も行われます。

 

ムチウチ症とは

 

ムチウチ.jpgムチウチ症はまた、頚椎捻挫、外傷性頚部症候群と呼ぶ。自動車に追突される事故によって発生する頚椎の異常の代表的なものです。

軽いものでは、事故直後にはほとんど症状はありません。しかし、数時間後に頚椎の運動制限や痛みを訴えるようになります。

重いものでは、事故直後から痛みを訴え、時間とともに痛みがひどくなります。

またムチウチ症で困るのは、首の痛みだけでなく、頭痛、めまい、手のしびれ、耳鳴りなど、多彩な症状(自律神経症状)が現れる場合があることです。むち打ち症によって起こる症状の大半はこのような自覚症状です。血液検査やレントゲン検査をすると異常が認められない。

原因では                                                     車に衝突された時、急激な後方からの外力により、頭部・頚部に直接の外力が加えることなく、体幹に加えた衝撃力によって重い頭部を支えている頚部がムチを振り回したような運動を起こし、頚椎周囲の靭帯・筋肉・血管・神経などの組織が損傷を起したのは原因です。

症状では                                                         頚椎の運動制限や痛み、頭痛、めまい、手のしびれ、頭重感、耳鳴り、悪心など多彩な症状(自律神経症状)が現れる場合がある。

西洋医学的治療                                                     原則として保存的治療法です。急性期には安静と頚椎カラーによる固定を行う。痛みが強い場合には、病因の鎮痛剤やまた、内服と外用の鎮痛剤や消炎剤が処方されることもあります。

 

ムチウチ症の鍼灸治療                                                  ムチウチ症は首、手の痛み、痺れなど症状が主とするので、東洋医学では「痺症」であると認識されている。「痺」とは詰まって通じないという意味です。

当院の今までの症例治療によるとむちうち症などの交通事故後遺症に対し鍼灸治療の有効率は高いです。鍼灸治療の効果がもっとも上がりやすい運動系疾患の一つだと言えます。現代医学ではこれといった有効な方法がありませんが、鍼灸は副作用のない治療法ですので、鍼灸治療をおすすめします。また、針灸(鍼灸)は交通事故によって滞っている血液を改善することも期待されます。痛みがある部位のツボや反応点、また痛みと関連する経絡などを中心に治療が行われます。当院では中医学の鍼灸知識を活かし経穴(ツボ)や経絡を利用して、鍼とお灸治療を行います。

病因病機 

局所の捻挫により、経絡気血の運行が悪くなり、長時間で気滞血、脈絡阻塞不通となり、腫れ、痛み、痺れなどが現れると考えられている。

治療

治療原則−疎経活血、通絡止痛。   

耳針

上に戻る