タルミ(たるみ)┃鍼 中国はり┃ 大阪梅田 林鍼灸院 

イラスト(先生).JPG

当院のたるみ治療には治療の前に必ず全身の状態を見ます。たとえば、脈診(みゃくしん)と舌診(ぜっしん)などを行います。これは「美」は心身の健康を基礎として初めて成立するものと考えているからです。タルミは肌のトラブルだけでなくて、身体内部の状態を反映しているのです。脈診と舌診は中医学独特な診断法で、あなたの抱えている症状を引き起こしている原因を探ることが可能です。その疾患になる原因を鍼治療で取り除く、タルミの改善と同時にストレス、便秘や月経時の不快感、生理痛、疲れやすい、肩こり、冷え性、むくみなどの女性に多い悩みの症状の改善も可能になります。


タルミ(たるみ)とは

一部分の人がある程度以上の年齢になると、頬やあご、目や口の周りなど顔のたるみが気になってくるものである。たるみの出現により実際の年齢よりも老けて見えてしまうため、治療を求める人が増えてきるのである。治療の方法としては西洋医学の手術以外に最近、針灸により顔のたるみを引き締める効果が期待される。

 

タルミの原因では


西洋医学では 老化、体質(遺伝子)、油分の多い化粧品の恒常的な多用などにより筋肉の上にある皮下脂肪を支えきれず、たるみの原因になると考えられる。または下瞼のたるみは過剰脂肪が原因で皮膚が余って目の下が腫れてたるみになると考えられている。 


中医学では 脾胃虚弱、運化失調、偏食により栄養のアンバランスで、筋肉が栄養できなくなり、たるみになると考えられている。  

 

治療では

西洋医学的治療法は

 レーザー治療

 手術など 
 

タルミと鍼灸治療

 取穴

局部取穴 車 承漿など

遠隔取穴 合谷 陰陵泉

電針療法(パルス局部のツボに電気をつける 

 

養生法

◎心身ともにリラクスすること。

◎自己マッサージする。

目の下のたるみの場合には目の下の鼻側から外眼角に向かって軽くマッサージして、局部が暖かくなるまで、5−10分でやる、1回/1日。

◎頬と顎のたるみの場合には顔面の下から耳または目に向かって軽くマッサージする。5−10分/1回、1回/1日。

 

   |美容鍼について        |ニキビと鍼灸治療 

   眼瞼下垂と鍼灸        |眼精疲労と鍼灸治療

   |シミ(しみ)と鍼灸治療    |肝斑と鍼灸治療

   目の周りのクマと鍼灸治療   しわ(皺)と鍼灸治療

   顔面神経麻痺と鍼灸治        


         ひらめき料金・診療日ひらめき


        ↓ ご予約はこちら ↓

       電話TEL 06-6344-3736

     (なるべくお電話にてご予約ください)

      ご予約フォームはこちらをクリック  

 (ご予約フォームからのご予約は3日前までにお願いします)

    【休診日】 月曜日/日曜日 祝日不定休

※当院のホームページの全ての文章と画像の複製および無断転載は禁じます※