糖尿病と中国鍼灸/はり/東洋医学

イラスト(先生).JPG

糖尿病とは

糖尿病とはインスリンというホルモンの作用が低下したため、体内に取り入れられた栄養素がうまく利用されずに、血液中のブトウ糖(血糖)が多くなっている状態です。
膵臓からの
インスリンの分泌不足による場合(インスリンが足りない状態)と、肥満などによるインスリンの作用(効果)が出にくいの場合(インスリンが有っても血糖値が下がらない状態)とが有ります。前者がT型糖尿病で、後者がU型糖尿病だといわれている。(または、両者の組み合わさった状態。) 

糖尿病の診断(平成22年7月1日より診断基準が変更になりました。)
@朝食前血糖値126mg/dl以上または、ブドウ糖負荷試験2時間値200mg/dl以上、または食後血糖値200mg/dl以上のいずれかがある場合。
AHbA1cが6.1%以上の場合。
@が2回、または@+Aが確認されれば、糖尿病であると診断されます。

糖尿病の症状

1型糖尿病(インスリン依存型糖尿病とも言います。)
1)比較的急激に発病する事が多い。(急に多尿、のどの渇き、やせが出現します。)
2)幼児期から青年期に発症することが多いとされますが、高齢者も含めあらゆる年齢で発症します。
3)日本人の糖尿病患者さんのうち約35%が1型と言われています。
4)膵臓のインスリンをつくっている細胞がこわされ、最終的にはインスリンがほとんどつくられない状態になります。
5)インスリン注射をしないと昏睡に陥ってしまいます。


2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病とも言います。)

成人に多い糖尿病です。多くの場合無症状で始まります。この無症状の時期に糖尿病を発見することが重要です。(健康診断などで)
1)一般に徐々に血糖があがり、無症状の時期が長い糖尿病です。
2)成人に多い糖尿病ですが、食生活の変化に伴い最近では小児にも見かけます。
3)日本人の糖尿病患者さんのうち約95%が、2型糖尿病です。
4)糖尿病になりやすい素質をもっている人に肥満、アルコール、精神的ストレス、加齢などの誘因が加わって発症します。
 糖尿病がひどくなると尿が多くなる、のどが渇く、お腹がすく、体重が減る、疲れやすい、手足のこむらがえり(足がつる)等の症状が出ます。時には意識障害(糖尿病昏睡)となることも有ります。

 

糖尿病の西洋医学的治療では

1)基本は食事療法と運動療法です。

2)内服薬により治療出来ますが、インスリン療法を必要とする場合もあります。
  (内服薬で血糖値の下がらない人は、インスリン治療が必要です。)

      

     |糖尿病と鍼灸治療  |糖尿病的食養生法